Media Integration, Inc. Staff Blog

Staff Blog!

04 4月 11

エイドリアン・ブリュー(キング・クリムゾン)のスタジオに導入されたオーディオインターフェイス


スタッフHです。

高品位Mac専用オーディオインターフェイス、Metric HaloのMobile IOシリーズ導入事例。本日は海外のビッグアーティスト、キング・クリムゾンのギタリスト/ボーカリストであるエイドリアン・ブリューさん、プライベートスタジオに2台のULN-8を導入されたとの事。以下はMetric Haloのウェブサイトに掲載されているインタビュー訳文です。


写真右:エイドリアン・ブリュー氏、写真左:ダニエル・ローランド氏

キング・クリムゾンのギタリスト/ボーカリストでもあり、卓越したセッションミュージシャンでもあるエイドリアン・ブリュー。自身の新しい自宅スタジオで制作中だったニューアルバムが先日完成し、そのレコーディングにはハイエンド・マイクプリと組み合わせ、Metric Halo ULN-8が使用されている。


ブリュー氏の新スタジオは、Art Institute of Tennessee and the Online Audio Schoolで教鞭を取る、ダニエル・ローランド氏によってデザイン・施工された。以前にもブリュー氏独自のギター周りを手がけたローランド氏は、その後ブリュー氏の専属エンジニア/テクニカルを担当している。

Metric Haloのインターフェースを選択した経緯を彼に伺った。

「ブリューのベーシスト、Julie Slickが長年にわたってMetric Haloを賞賛していたんだ。彼女はULN-2のユーザーで、ルーティングの柔軟さ、プリアンプの音質、コンバーターの精度を非常に気に入っていた。スタジオ設計のプロジェクトが始まったとき、ブリューが所有している48チャンネルコンソールと連動できるコンバーターやプリアンプなどの機材を選定していたんだ。しかし、彼の新しいギターリグと同様、音質やパワー、柔軟性は一切犠牲にせず、かつ省スペースな機材が必要だった。そこでMetric HaloのULN-8をチェックしてみたんだ」

「ULN-8をテストしてみて、色々な機材の組み合わせを試すよりも、ULN-8を2台導入するほうが、エイドリアンの考えるスタジオの構想に最適なことがはっきりした。とはいっても、ULN-8の入力は本当にクリーンだから、あえて色付けするために他の機材も導入しているけどね」

これらの機材には、dbx、Summit Audio、TUBE-TECHなどが含まれ、現在はこれらをPro Tools 9と組み合わせて使用しているとのことだ。

インタビュー記事はここまで。オリジナルページはこちらです。>>


Metric HaloのULN-2、ULN-8は、ハイエンドのマイクプリアンプと比較してもいい勝負ができるほどの高品位なプリアンプを搭載しています。また、同社のオーディオインターフェイスは複数台を接続して、一つのミキサーソフトウェア(MIO Console)から一括管理することもできるんですね。

Metric Haloのオーディオインターフェイスは、ただいま円高還元20%オフセールを続行中。…とはいえ、世界的なヒットにより、製品によっては少々お時間をいただくものもありますが、一生使えるオーディオインターフェイスをお探しの方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

Metric Halo Mobile IOシリーズ詳細ページ >>

Metric Halo Mobile IOシリーズはこうして国内に出荷される。レポート >>

福富幸宏さんが語るMobile IO LIO-8 ユーザーストーリー >>


27 12月 10

キャンペーン多すぎ。まとめます。


スタッフHです。年の瀬ですねぇ。

12月は私たちが取り扱う多くのブランドでキャンペーンを実施しておりまして、実のところ私たちも一瞬わからなくなってしまうようなほどに…。

という事で、備忘録もかねてキャンペーン情報を列挙しますね。キャンペーンの詳細や締切などは、それぞれリンク先のページをご確認下さい。

Metric Halo Mobile I/Oシリーズ全品20%OFF

音の良さは音の出入口で決まる、と言う方は多いですが(多いですよね?)、FireWire接続の「信頼できる」オーディオインターフェイスをお探しなら、このキャンペーンは見逃せません。「オーディオインターフェイスは買い換えるもの」という使い捨て製品が多い中、Future Proofのポリシーで「アップデートできるオーディオI/O」は、他にありません。末永く使える一台をこの機会に。


WAVESプラグイン 全ラインナップ45%OFF

やっぱり人気のWAVES。一口にWAVESとはいっても、ラインナップは超膨大なんですよね。選ぶのにも個性がでそうなところではあります。私個人的にはエディー・クレイマーのHLS & PIEがよさげ、と思ってます。まずは、バンドルラインナップのページをご覧いただいて、お選び下さい。


BFD 「冬のホットな拡張音源 限定バンドル」

あらかじめ書きますが、BFD2にはそれだけでもう55GB(最大96ベロシティ・レイヤー)のサウンドが収録されています。これだけでもう、十分です。ただ、人によって最もよく使うキットピースってありますよね。私はゴーストノートを多様した打ち込みが好きですので、スネアとかね。

そうなると、曲によってバリエーションが欲しくなります。ということで、私たちメディア・インテグレーションからのプレゼントとして、なにかしらの拡張音源が1つついたパッケージをご用意しました。お値段そのまま。バリエーションは3種。

スネアのバリエーションを強化するか

世界でも発売されたばかりの本家ジルジャンのシンバル集を強化するか

日本国内では未発売のキットバリエーションを強化するか

または、「大盛り」にするか

どれを選ぶかは、みなさまのセンスと直感でどうぞ。数量限定。


FLUX:: 55〜60%オフキャンペーン

他のプラグインエフェクトにはない独自のパラメータをもち、そのサウンドの確かさから「玄人好み」な雰囲気ただようFLUX::のプラグイン。使い手によって表情が変わりますので、挑み甲斐のあるプラグインと言ってもいいでしょう。ツールを「使いこなす」感覚が好きな方ならぜったいにハマる事まちがいなし。

と、こんなFLUX::のプラグインが、55〜60%オフキャンペーン中!


あれ、数えてみればそんなに多くなかったかな…

ともあれ、年末年始の心機一転、新しいツールをみなさまの環境にどうぞ!


24 12月 10

Mobile I/Oシリーズ国内出荷までの舞台裏!


おはようございます、スタッフOKです。

クリスマスに年末年始と、忙しさに拍車がかかりますね、12月ですね。

さて本日は、同製品の国内出荷までの舞台裏をこっそりお見せします。

じつはこのMobile I/O、ご購入いただく皆様のお手元に限りなくベストなコンディションでお届けすべく、メーカーであるMetric Halo、および弊社にて、それぞれ出荷前に検品を行っています。ダブルチェック体制です。

今回は弊社での検品の様子を写真入りでご紹介。

Mobile I/Oの検品チェック項目は、大きく分けて下記のとおりです。

  1. アナログ入力>アナログ出力(AA)
  2. アナログ入力>デジタル出力(AD)
  3. デジタル入力>アナログ出力(DA)
  4. 内部/ワードクロックなど同期まわり

もちろん上記の過程でハードウェア側のノブやスイッチにもチェックが入ります。

では各行程を見ていきましょう。写真ではULN-2 2dが検品中ですね。もやっと映っている人物がスタッフOK本人です。

1. アナログ入力>アナログ出力(AA)のチェック

これはULN-2とULN-8で行う項目です。Analog InputのXLR(とULN-2ではTRSも)を、デジタル変換前のアナログの状態のままSend出力に送る、という段のチェックですね。2882はアナログのダイレクト出力はなく常にAD/DAで入出力が扱われるため、このステップはありません。

まずこうした形でMobile I/Oの入出力にごそっとケーブルを繋ぎます。

そしてMobile I/O用にMacBook、もう一方のWindows機にdScopeというソフトウェアと、さらにdScopeのハードウェアを接続して各チャンネルのレベルと周波数、位相などをチェックします。dScopeからは常にサイン波のテストトーンが出力されています。


画面のこちら項目がメインのチェック箇所です。それぞれ上からレベル、周波数、位相、です。ここで入出力やチャンネル間で値が大きく異なる場合は、問題が解消されるまで出荷されません。場合によってはメーカーで再度チェックが入ります。

マイクプリとライン、それぞれでGAINを上げ、信号に歪みなどがでないか確認、このユニットは入出力ともに健康的な状態ですね。

2. アナログ入力>デジタル出力(AD)、3. デジタル入力>アナログ出力(DA)

ここで、先程のケーブル配線を変更して、AD/DAのチェックします。デジタル/アナログに変換される信号に問題が発生していないか、上記と同じ手順を踏んで確認していきます。

4. ワードクロック/内部の同期

最後にワードクロックと内部同期を切り替え、信号に問題が起きていないかをチェック。

…と、以上の手順を入出力の数だけ行っていくわけですが…ULN-2だけでも:

  • アナログ: XLR>Send x2、TRS>Send x2
  • アナログ>デジタル: TRS>Digital (AES、SPDF) x2、Return>Digital (AES、SPDF) x2
  • デジタル>アナログ: Digital(AES、SPDF)>Main x2、Monitor x2、Headphone
  • ワードクロック/内部同期

と、結構な項目数になります。ちなみにULN-8はAESのみとなりますがこちらはAA/AD/DAの入出力がそれぞれ8チャンネル…単純にULN-2が4台分といった感じに。

こうした検品を通してMobile I/Oは出荷されます。Pro Tools 9で使用できるようになり、どんなDAWをお使いの方にもお薦めできるオーディオI/Oに成長?しました。

じつはPro Tools 9とは「使用できる」以上の連携機能があったりするんですが、それは次回にご紹介を。。。これ、ほんとに凄いです。

後日談ですが、この日は2882 2d x5、ULN-2 x8、ULN-8 x2が後に控えていました。さすがに最後にはヘトヘトでしたが、問題もなく、全てを検品完了!無事販売店に向けて出荷されていきました。。。


12 6月 09

ハイクオリティーなオーディオインターフェイス


スタッフHです。

弊社のトップページにも案内をしていますが、Metric HaloのFire Wireオーディオインターフェイス、ULN-8を発表いたしました。いやー、私たちスタッフも大興奮しながらチェックと、国内の発売にむけて準備を進めているところです。生涯使い続けられるインターフェイスをお探しの方なら、きっと満足していただけるものだと思います。

r0011936

r0011937ULN-8は名前の通り、8チャンネルの「ウルトラ・ロー・ノイズ(ULN)」ハイクオリティーなマイクプリアンプを搭載したモデル。私・スタッフHもこの2チャンネル版・ULN-2を使用しているのですが、とにかくマイクプリアンプの良さに満足しているところ。鼻血がでるくらいいい音してます。単体のマイクプリアンプに匹敵どころか、ハイエンドなマイクプリアンプにもまったくひけを取らないんですよ。

…という事を考えながら、(仕事をするフリをして)YouTubeでいろいろムービーをみていたら、ちょうどULN-2を使用したマイクレコーディングの素晴らしいビデオを発見。

Ulbrickというギターアンプブランド、ご存じですか?私はコンパクトエフェクターの印象が強くて、ちょうどコンパクトエフェクターが気になっていて、このビデオを(サボりながら)見ていたんですけども。良質なアンプを多数発売しているオーストラリアのブランドです。

ここのブランドがYouTubeでアンプのデモムービー(実演)を公開していたんですよ。そしたら、収録に使ったインターフェイスがULN-2だって書いてあるじゃないですか。特にマイクプリアンプの表記がなかったので、ULN-2のプリアンプを使ったものだと思います。

いやー、これ、ぜひ下記の埋め込みムービーじゃなくて、HDで再生してほしいです。プレイもよし、アンプの音もよし、それでもってそんなハイクオリティーをしっかり収録したのがULN-2だと。嬉しくなってしまいましたよ。

ほかにも、ボリュームで変わる歪み具合を見事に収録してるこれとか、

ほかにもありますよ。下記URLより彼らのチャンネルを見てみてください。良い演奏を収録するなら、いいマイクプリと、オーディオインターフェイスを。もちろんいいマイクも必要ですよね!(これは次回のネタフリということで)。

http://www.youtube.com/user/ianritter1


22 4月 09

週末は初台アップルでIMSTA FESTA


スタッフHです。

さてさて今週末の土曜/日曜は、初台オペラシティー内にあるアップルジャパンさまにて、IMSTA FESTAが開催されます。国内のメーカー、代理店が一同に集うイベント。未発売のあの製品や、話題のこんな製品も見られる豪華なイベントです。

私たちのブースでは、

  • Spectrasonics | Omnisphere/Stylus RMX
  • FAW | Circle
  • Vital Arts | Plectrum
  • FXPansion | BFD2と、すべての拡張音源
  • Sonic Reality | Ocean Way Drums
  • Sample Modeling | The Trumpet/Mr.SAX T
  • あとは、ピアノ音源全部

この辺のソフトウェア・シンセサイザーをはじめ、

  • IK Multimedia | Amplitube Fender/StealthPedal(国内初公開)/T-RackS 3

なんかも展示します。

そしてデモ/セミナーブースでは、

  • 土曜(25日)永谷喬夫(surface) Plays Amplitube Fender
  • 日曜(26日)マスタリング・ツール T-RackS 3 デモ

を開催。永谷さんは私たちのブログページでもご協力いただいていますが、お忙しいところをなんとデモにご協力頂ける事になりました。何度か打ち合わせさせていただいてますが、ちょっとこれまでにないアンプ・シミュレータソフトウェアの凄さ、楽しさをお伝えできるような内容になりそうですよ。

あとは、店頭で試す事ができない(私たちのオンラインストアだけでしか販売してない)SampleModeling社の製品が試せたり、他社さんも初公開の製品があるかもしれませんからね。なかなか面白いイベントになりそうです。

IMSTA FESTAの参加は無料ですが、各デモ/セミナーには予約が必要です。ここまで書いておいてなんですが、私たちメディア・インテグレーションのデモ2つは、いずれも定員に達しているため、受付が終了しているみたいなんですよ…。

しかし、たぶん、おそらく、私の勘ですけど、保証はできませんが、立ち見とか…運良く席が空いているとか…あるかも…しれないので…ぜひお申し込みしてみてください。楽しいぞという事だけはお約束しておきます。

IMSTA FESTA各社デモの概要/申し込みページへのリンク

あ!そうそう、忘れてた。

日曜(26日)のT-RackS 3デモにご参加くださったお客様には、IK MultimediaよりT-RackS 3 EQをプレゼント!します。

プレゼント、つまりタダです。


26 2月 09

決算のお知らせと、今年度の個人的ベスト3


 

決算休業させていただきます

決算休業させていただきます

スタッフHです。

 

私たちメディア・インテグレーションは、今月2月が決算。2/26 – 2/27と休業をいただきます(せっせこ棚卸し業務です)。オンラインストアの発送、サポートの受付は、3/2(月)より再開させていただきます。ご迷惑おかけしますが、なにとぞ…。

さてさて会社的な締めくくりということで、まことに勝手ながら、今年度発売となった製品のベスト3を。書かせていただきます。個人的な思い入れレベル、ということで、お時間のあるときにでもお読みください。

  • 3位:Metric Halo – Mobile I/O 2d Expanded

私、入社して6年弱になるんですが、入社する直前に購入したのがこのMetric Haloのオーディオインターフェイス、ULN-2でした。マイクプリアンプが抜群に良かったことと、なにより見た目が好きだったんですよね。あれから月日は流れ、新しいインターフェイスが各社から発売になるたびに浮気をしそうになったのですが、出音の良さから買い替えもせず(予算の問題もあったんですが)。

そうこうしていると、Metric Halo社から次期ULN-2が発表。これが2d Expandedでした。

 

我が家のULN-2

我が家のULN-2

新しいのが発表になったということで遂に私も買い替えか、と思っていたところ、なんと私が持っているULN-2から「アップグレードが可能」という嬉しいニュースが。もちろんアップグレードしました。特に新しいV5ミキサー(Mobile I/Oシリーズ内蔵DSPによる80ビットミキサー)は、圧倒的な余裕を感じます。

 

オーディオインターフェイスが「アップグレードできる」なんて、なんて嬉しいサービスだろうと。買い替えが当たり前になっている時代に、なんとも果敢なチャレンジだなと感じました。ベーシックな部分をしっかり作っておけば、何年たっても使えるというMetric Haloの自信のあらわれかもしれませんね。

Metric Halo – Mobie I/Oシリーズ詳細リンク

  • 2位:IK Multimedia – T-RackS 3

i-classiceq-big

 

発売は比較的最近ですが、私の中のインパクトとしては上位に食い込むほどの製品。IK Multimediaのマスタリング・ソフトウェアT-RackS 3。発売は2008年の12月末でした。

マスタリング用のプラグインは、私たちもT-RackSの他に数多く取り扱っています。「どれが一番」なんて事はなく、それぞれ明確にキャラクターの違いや、独自の機能があります。その独自の機能が自分にとって必要か、出てくる音のキャラクターは自分の好みか、この観点でお好きなものを選んでいただければと考えていますが、私が個人的に一番好きだったのがこのT-RackS 3です。

9個のモジュールを駆使して(この”駆使する”って辺りが好きなんです)、アナログライクなテイストで音作りが楽しめます。以前のバージョンのT-RackSはヴィンテージモジュールを通したような音が魅力だったのですが、T-RackS 3ではそれに加え、ジェントルな音作りといいますか、原音忠実なリミッティングもできるようになりました。

エンジニア松田直さんからの評価も「イイ!」との事(松田さん、ピックアップしていただいてありがとうございますー)

→ IK Multimedia – T-RackS 3詳細リンク

  • 1位:Spectrasonics – OMNISPHERE

thescreens

これはもう、ダントツで今年度の話題ナンバーワンです。この製品のおかげで、何度夜更かししたかな…と。プリセットがまず楽しい。それからエディットする事がまた楽しい。音を作っているとどんどん試したい事が浮かんできて、遂には何かしらフレーズが浮かんだりする。心が動かされるシンセサイザーです。

ピアノ、ドラム、エレクトリック・ピアノ、Moogなどのヴィンテージシンセサイザー/キーボード、和楽器、管楽器、それにストリングスなどなど、今やほとんどの楽器がソフトウェア音源で「リアル」に再現できるようになりました。

でも、OMNISPHEREには「リアル」なものは何一つ収録されていないんですよ。Spectrasonicsチームは「誰も聴いた事がない音」「まったく新しい音」をポリシーに音を作ってるように感じます。

かつてシンセサイザーが初めて登場したころ、たくさんのミュージシャンが「ギターよりも激しいリード」「エレクトリック・ベースよりも図太いベース」を作るためにこぞってMoogやARPに飛びついたように、『音を合成する』という楽しみ方を、OMNISPHEREは思い起こさせてくれます。

Spectrasonics – OMNISPHERE詳細リンク

とまぁ、あくまでも個人的なインパクトで選んでみました。来年度もまた、みなさんの音楽制作に役立つ製品をどんどんご紹介できたらな、と思っております。

 

 

さっそくですが、来年度が始まってすぐに、

  • プロ・エンジニア○○さんによる究極の「ミックス・テクニックセミナー」
  • まさかの新ブランド○○がB○D2用の「○○ライブラリ」を発売!
  • Amplitube Fenderが入荷!
  • 真のビューティフル・トーンを生み出すソフトウェア・シンセが登場
  • Waves 恒例のキャンペーン、3月は「○○○!」
  • Stylus RMXがアップデート!新機能搭載。

あたりからご紹介しますね。伏せ字ばっかりですみません。


23 1月 09

Metric Halo MOBILE I/Oの開発秘話


スタッフHです。

テレビとか電車の中吊り広告とかで、検索ワードが書かれている物ってあるじゃないですか。「○○で検索!」みたいな。あれって無理矢理なもの多いですよねぇ。飽和気味だとは思うんですが。外出先などで私たちのページを見つけたいときは、シンプルに「メディアインテグレーション」と検索してみてください。

さておき。

ProSound 2月号

奇数月の18日に発売されているProSound誌では、高品位FireWireオーディオインターフェイスのMetric Halo MOBILE I/O開発者B.J.Buchalter博士のロングインタビューが掲載されています。

かなりマニアックな内容まで話題にあがっていますが、6ページにもわたる読みごたえ十分な内容。新商品がでたら買い替えを強いるハードウェアメーカーが当たり前となっている中、なるべく長く使い続けられるように「アップグレードできるオーディオインターフェイス」の仕様にした理由、MOBILE I/Oシリーズが「音がよい」と言われる理由について語っています。

通常開発者のインタビューというと、ああ自分の製品を愛してるんだなぁという熱意は当然伝わってくるのですが、B.Jさんのインタビューはそればかりではなく、随所に名言だな、と思わせる発言が数多くあります(上記の「音がよい」という言葉も、B.Jさんに言わせると…続きは誌面でどうぞ)。

とにかく面白いインタビューでした。ぜひご覧ください。

ProSound 2月号詳細ページへのリンク


24 11月 08

次はシンセサイザーフェスタ/新MacBook Pro移行計画


スタッフHです。

いやー、ここ数日はずっとイベントずくしでした。先週末のInterBEEにお越し下さった方、ありがとうございます。新しいT-RackS 3や、新規取り扱いを開始したFLUX、発売前のBFD2拡張音源 JAPANESE TAIKO Percussionなどをはじめ、たくさんのものを展示いたしておりました。

特にT-RackS 3の反応が良かったのが印象的でした。日本国内でも間もなく発売を開始いたしますので、少々お待ちくださいね(その前にまたIK Multimediaがとんでもないお祭りを始めたので、そちらのご紹介もしないといけないですが)。

次のイベントは次週末に池袋で開催されるシンセサイザーフェスタ2008。一通りの製品をもってブース出展をする予定ですが、なんといっても注目はSpectrasonics Omnisphere。それから新ブランドのFAW Circle。BFD 2.1 + すべての拡張音源などをメインに展示いたします。これもまたお祭りみたいなものですし、入場は無料。私たち以外にもたくさんの楽器メーカーや代理店が出典していますので、興味のある方はどうぞ。

シンセサイザーフェスタ2008 @ 池袋 詳細ページへのリンク

ところで話はまったくかわりまして、実は新しいMacBook Proを買ってしまいました。スタッフOKくんも買ったみたいです。私はというとPowerMac G5(2.5GHz Dual)以来にマシンを購入しましたので、実に4年ぶり。

続きを読む »


16 7月 08

ミーティングにて決まったこと


staffHスタッフHです。

やー、暑いですねぇ…。私の家のG5も猛烈にファンの回転が止まりません。まぁ、設置場所が悪いんですけどね。しかもやってはいけない改造とかしてるんで、自業自得です。それはさておき。

昨日は定例のミーティングをしてまして。今月はキャンペーンやら新商品やらなにかと多いもんで、いろいろと決めなきゃいけない事があります。

お伝えできるものを一部、ご紹介しましょう。

続きを読む »


11 7月 08

IK Multimediaがまたしても太っ腹な事を


staffHスタッフHです。iPhone発売になりましたね!表参道のソフトバンクショップから、なんと私たちのオフィスの前まで(私たちのオフィスは渋谷と原宿のちょうど中間)並んでたらしいですよ。

いま私たちはSonic Reality / Ocean Way Drumsの発売、IK Multimedia / SampleTronの国内発売準備、Metric Halo / Mobile I/Oのバージョンアップ& 新発売、WavesのV6発表とJJP Collectionの発売準備などなど、たくさんの新しい事に囲まれております。忙しい事はいい事だと言いますが、とにかく私の席の周りが段ボールで埋め尽くされる感じでこまったものです。

すべて順調に進行しておりますので、それぞれの製品を心待ちにされている方、もうちょっとだけお待ちくださいね。

そして今日は、こんなパンパンなスケジュールの中、またしてもIK Multimediaが太っ腹なキャンペーンを…開始してしまいました。キャンペーンの内容は大まかに以下の3タイプ。

VinFXKey

  続きを読む »


Search

ブログ内を検索
2021年10月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031