Media Integration, Inc. Staff Blog

Staff Blog!

20 3月 14

一歩進んだツール、”アクティブEQ”


スタッフHです。

本日は一歩進んだツール、アクティブEQ(イコライザー)をご紹介。アクティブといっても、ハードウェアでいうところのアクティブ回路を搭載したものではなく、McDSPが開発した新感覚EQ:AE400をピックアップいたします。

  • 例えばミックス作業中。ベースの処理をしているときに、特定のノートを弾いたときだけ妙なほど(悪い意味で)ブーミーな音がしてしまったとき。
  • 例えばボーカル。表情豊かな声色を処理しているが、瞬間的にコモって聴こえるところがあったり、逆に耳に痛いところが出てきたりする。パフォーマンスは最高なので、そのままをミックスに溶け込ませたいのに…というとき。
  • 例えば自慢のビンテージアナログシンセ。不安定な要素も含めて大好きで、特にシンセベースとしてお気に入りだけど、高い鍵盤のところに行ったときの抜けがちょっと悪い。

人によって事情は様々あるかと思いますが、何かしらこういった「抜けがわるい」「邪魔なピークがある」という時には、EQを使用されることが多いでしょう。特定の帯域を狙って、EQを使ってカットをしたり、ブーストしたり。もちろん、これは間違いではありません。テイク全体に渡って「抜けがわるい」「邪魔なピークがある」という場合は、これでOKだと思います。

しかし、上に挙げたような「あるとき、ある瞬間だけ」の場合。

ベースでブーミーな音が出てしまう瞬間は「ある瞬間だけ」なので、常に特定の帯域にカットのEQをかけてしまうと、「ある瞬間以外」のローエンドが寂しくなってしまいます。高いところの鍵盤だけ抜けがわるいアナログシンセにハイのブーストEQを掛けると、満足していた低いところの鍵盤も、ギスギス痛い音になってしまいます。


もちろん第一線で活躍されているエンジニアさんやサウンドクリエイターの方は、こういった問題を解決する各自の手法をもっています。私が目にした事があるものでいえば、EQのオートメーションを使って、問題の部分だけにかかるように処理をする。その瞬間のリージョンだけを切り分けて、別トラックで処理をする。もっと他にもあるかもしれません。

ところで私が個人的に大好きなエンジニア、アンドリュー・シェップスさん、この方はレッチリやメタリカなどの激しいバンドから、アデルなど近年のシンガーまで手がけるエンジニアからのひとこと。


というわけでご紹介するツールが、McDSPよりリリースされているAE400、アクティブEQです。

このAE400、ご覧の通りパッと見はよくあるEQのように見えますが、各バンドの上には何やら、コンプレッサーで見かけるようなレシオグラフが設置されています。しかしこれは、コンプではありません。このAE400は、あくまでもイコライザーなのです。


一般的なコンプレッサーは、指定したレベルを超えたもの(スレッショルドを超えたもの)をコンプレッションします。ブランドや機種によってキャラクターの違いはあれど、潰すという作業では同じです。

AE400は、指定したレベルを超えたもの(スレッショルドを超えたもの)の、その瞬間だけを狙って「EQ」がかかります。スレッショルドを超えていない場合は、何もしません(=音に影響を与えません)。これがタイトルにもなっている「アクティブ」が意味するところ。下のムービーは、キックやタムが余分な成分を出しているアタック瞬間のみリアルタイムでEQカットをかけつつ、余韻にかけてカットを少なく(≒ なるべく原音を壊さないように)処理をしているところ。

そしてAE400は、ご覧の通り4バンドのマルチバンド仕様。ローエンドはアクティブEQとして使用して、ハイエンドは普通のEQ(=掛かりっぱなしのEQ)としても使用する、といった芸当もできます。

さらにサイドチェイン入力を備えていますので、

  • キックのタイミングに合わせて(その瞬間だけ)ベースのローエンドを少しだけEQカットする
  • 高域の鍵盤に行くにつれて抜けが寂しくなってくるアナログシンセなどの特定帯域から上を、ダイナミクスに応じてブーストさせる

なんて事もOK。これをオートメーションでやろうとすると……なかなか膨大な時間がかかってしまいそうですね(上でアンドリューさんが言っているのは、こういう事でしょう)。音作りのイメージがある人ほど、イメージ通りのサウンドを作ることができる究極のツールです。

気になるプラグインの負荷は、極めて軽め。DAW標準のEQなどと同等の軽さでサクサク動作します。

いい素材をレコーディングできたら、その素材をなるべく変化させず、壊さずにミックスしたいもの。そういう時にこのAE400は「全チャンネルにほしいほど」有効なツールです。

>McDSP AE400 製品詳細ページ


21 5月 12

たまにはミックスを「壊す」ことだって


スタッフHです。本日は、使う人によって無限の遊び方がある製品をひとつ

ミックスを行っていく過程で、みなさま様々なプラグインやアウトボードを使われていることと思います。コンプやリミッター、EQ、リバーブ、ディレイ、歪み系、モジュレーション系、ときには「通すだけでいい感じになる系」とか「自動的にイイ事をしてくれる系」なんてものもあるかもしれません。

でもね、たまには「壊してみる系」はいかがですか?


EQやディストーション、あるいはビットクラッシャー系のエフェクトを使うことで格好いいラジオボイスや無機質な効果を出す事はできます。が、どうせ壊すならすんごい技術が(ひっそり)使われているもので壊すのはいかがでしょう。そんな製品を一つご紹介します。今はまだあまりポピュラーな製品ではありませんが、私・スタッフHは大好きな製品で、これこそが「The Plugin」だと思うMcDSPのFutzBox(ファッツボックス)です。

文字の説明よりも、ビデオの説明の方が面白いのではないかと思いましたので、ひとつビデオを作りました。5分と少々長めですが、「変わったもの好き」の方にはお楽しみ頂けると思います。

ビデオの前半は解説。後半はボーカルトラックにFutzboxをかけてみたものを並べています。

McDSPのスタッフってね、(いい意味で)音楽狂が多く、私は心から大好き。インパルス・レスポンスを用いるといえば多くの場合がリバーブなのに、彼らは全力をかけて変わったものを集めてこんなものを作り上げました。ボーカルだけではなく、ありとあらゆるソースに使って楽しいプラグインです。

通常のインパルス・レスポンスだと少々自由度が低い(どうしてもIRデータに左右される)のですが、Futzboxで用いられているSIMならば、通常のエフェクトプラグインと同様のサクサク感で使う事ができます。ちなみに負荷もかなりひくめ。

それぞれの「変わったもの」インパルスを読み込んだ後も、さらにディストーションやフィルター、ノイズ発生機やビットクラッシャーを用いる事もできます。ビデオでも使用している「有名すぎるおもちゃ」Speak & Spellのキャラクターを用いつつ、さらにノイズを混ぜたり、フィルター掛かったサウンドに仕上げる事もできるのです。

壊し系のエフェクトが大好きな方には同意していただけると思いますが、「ローファイ」という単語を1つ取っても、そこには数限りのないバリエーションがあります。ただ単にラジオから流れてくるような音がいいのか、そのラジオは新品のように比較的きれいな音がいいのか、それとも壊れ寸前のような音がいいのか。Speak & Spellのような有名なおもちゃから聞こえるような音を「自分の声で」作ったり、ブラウン管のテレビから聞こえるような音を曲の中のスパイスとして使ったり。使う人によって無限の「遊び方」がある製品です。

>> McDSP FutzBox製品詳細ページ


09 9月 11

これ1個で何個分?! 圧倒的に作業効率のよいコンプ


スタッフHです。

本日はこのMcDSP 6030 Ultimate Compressorの良さと、究極(Ultimate)な部分をちょっとご紹介いたしましょう。

みなさま、日々ミックス作業を行う上で、コンプは必ず使いますよね(もちろん、そうじゃない方もいらっしゃるのはわかりますが、まぁここはソレ前提でお願いします)?

本ブログをお読みくださっている多くの方が、いくつかのコンプを持っていらっしゃり、その都度サウンドに合わせて使い分けられている事と思います。

私なんかはかなり優柔不断なものですから、こんなシーンが度々あります。

お、このキックにはスピード感が欲しいから、あの◯◯系のコンプを使ってみよう……うーん、なんか違うな。ここは素直にクセのないあのコンプに差し替えてみて……やっぱり味気がないな……ここはひとつ、先日購入したばかりのあのコンプを使ってみて…違うなぁ。

この間、何度となくプラグインのインサートを切り替えます。最近はCPUパワーの大きいマシンも多いですから、プラグインの起動に何十秒もかかる事はないかもしれませんが、それでもやっぱり別プラグインのインサートには、ある程度時間がかかります。

チリも積もればなんとやら。この切替が「サクッ」とできたら、どれだけ作業効率が上がるでしょう。

McDSPが長年のコンプレッサー研究の末に創りだした6030 Ultimate Compressorは、そうした悩み、無駄からみなさんを解放する「究極」のツールになるかもしれません。


これ全部がクリック1つで切り替えられます。


6030 Ultimate Compressorには、まったくキャラクターの異なる10個のコンプレッサーが入っています。そして、プラグインの中でクリック1つでそのキャラクターを切り替えられるのです。見た目がランチボックスっぽいのもいいですね。

スレッショルドとレシオ、アウトプットゲインを絶妙に設定し、同じ設定のままで各種のコンプを比べる事もできます。歴代のコンプから溢れる「匂い/味わい」を聴き比べながら最適なコンプを選べる、というわけです。

肝心のCPU負荷は?

どんなにいいコンプでも、1個使っただけでCPUメーターが振りきれてしまうようなものでは意味がありませんね。6030 Ultimate Compressorはどんなものでしょうか。

下の画像をご覧ください。


24トラック全てに6030 Ultimate Compressorをインサート。


使用したマシンは数世代前のMacBook Pro(thunderbolt非搭載のマシン)。2.66 GHz Core i7。まぁ、非力なマシンではありませんが、今やCPUパワーだけならMac miniですらスゴイですもんね…。

セッションは24モノトラック + マスターフェーダー全てに6030 Ultimate Compressorをインサート。ホストはProTools 9。オーディオインターフェイスはMetric HaloのULN-2 2dを使用し、48kHz/24bitセッションでバッファサイズは512に設定。

この状態で再生を続けましたが、画像の通り約4%前後。この圧倒的なCPU効率の良さも、McDSPの特長です。

サウンドはさすがMcDSP、の一言。あるモジュールは少々かかりすぎくらいにかけてもガッツのあるサウンドになり、またあるモジュールはピアノやストリングスにうっすらかけると絶妙なフレーバーを醸し出し、別のモジュールは…いやいや、きっと皆さま聴き比べていただくと、「これはアレに使いたい」とイメージが湧き出てくることでしょう。

→ McDSP製品のデモ版 使用方法はこちらから。


09 9月 09

9月はキャンペーン乱れうち!!McDSP、Abbey Road Plugins、A|A|S


おはようございます、スタッフoKです。

先週のOcean Way Drums、Total Studio Bundle 2、AmpliTubeのキャンペーンに続いて、McDSP、Abbey Road Plugins、そしてA|A|Sからもキャンペーンが発表されました!

まずはMcDSPから、

mcdsp_spt_s

9月限定キャンペーン「HD/Native単体製品を40%オフ!!」
http://second.minet.jp/mcdsp/

期間: 2009年9月30日まで

対象製品はHD/Nativeの単体製品全てです。特にNativeバージョンは普段、単体のライセンス販売をしていないため、気になる製品のあるPro Tools LEユーザーの方には見逃せないキャンペーンですね。iLok.comへのライセンスデリバリーによるダウンロード販売になります。

個人的に毎回押してしまいますが、ML4000 、FutzBoxは本当にオススメです。

続いてAbbey Road Plugins

abbey_0909promo

ザ・ビートルズ最新リマスター盤発売記念
Abbey Road Plugins 40% OFF プロモーション

http://second.minet.jp/abbeyroad/special

期間: 2009年9月9日〜2009年11月11日

2009年9月9日ついにビートルズ新リマスター盤が発売されました。そのビートルズとなじみの深いアビイ・ロード・スタジオのコンソールを初めとする銘機の数々をプラグインで再現したのが、Abbey Road Pluginsの製品です。

この度、メディア・インテグレーションではリマスタリングに携わったアビイ・ロード・スタジオのエンジニアの方々に敬意を表し、オンライン・ストア限定でAbbey Road Plugins 40%オフ・プロモーションを開始いたします!TG12413 Limiter、EMI TG Mastering Pack、Brilliance Pack、Native/TDM版すべて対象です。

そしてA|A|S

他にはない独特のキャラクターと創造性の高いプリセットが魅力のAASインストゥルメント・プラグイン。その現行プラグイン製品全てをバンドルしたModeling Collectionを期間中に購入すると、別売としてリリースされている拡張プリセット集Sound Banksの3タイトルが無償で提供されるキャンペーンを公開しました!

aas_0909promo

A|A|S「モデリング音源の真価は、プログラミングの腕次第」プロモーション
http://second.minet.jp/aas/special

期間: 2009年9月3日〜2009年10月15日(ご登録締切)

無償で追加されるSound Banksは下記の3つです。

いずれのプリセット集もサウンドデザインのプロフェッショナルによってプログラミングされ、他では聞くことのできないインスピレーションにあふれたサウンドを収録しています。

言葉による説明では全く十分ではないかと思いますので、ぜひ上記特設ページのデモトラックをご試聴ください。


29 6月 09

6月限定キャンペーン、最終日です!


おはようございます、スタッフOKです。

梅雨もまっただ中、この時期は蒸しますね。そして明日で6月も終わり!各メーカーのキャンペーンも明日で終了になるものがありますよ。お見逃しのないよう、以下ぜひチェックを!

まずはWaves

SSL 4000コンソールのEQ、バスコンプなどを再現したSSL4000 CollectionJack Joseph Puig氏所有のFairChildPultec EQを余すことなくモデリングしたJJP Collection30%オフ!マスタリングならこれしかないでしょう、L3 MultimaximizerL316、加えてローレベルコンプレッションという、このプラグインでなければできない処理を可能にするMaxxVolume30%オフは明日まで!

キャンペーン詳細はWaves製品ページにて。

お次はIK Multimedia

毎回大盤振る舞いのIKキャンペーンですが、今回は「音源あげます!」プロモーション。IKのソフトウェア音源(SampleTank 2.5SonikSynth 2MIroslav PhilharmonikSampleMoogSampleTron)を1つご購入/登録いただいた方に、もう一つ音源をプレゼントします!こちらも明日ご登録分の製品が対象です。すでにご購入された方もご登録が必要となりますので、ご注意くださいね。

キャンペーン詳細はこちらから>>IK Multimedia » IK「音源あげます!」プロモーション

さらにMcDSP

こちらはMcDSPの13プラグインを網羅したEmerald PackがHD、Naiveバージョンともに明日まで、期間限定特別価格でお求めいただけます。定番のFilerBank、CompressorBankから、個人的にぜひおすすめしたいFuzBoxまで、Pro Toolsユーザーの皆様、この機会にぜひご検討を!アップグレードも特別価格にてご提供です。

McDSP Emerald Pack June Special Price!

そしてそしてFXpansion

5月14日からキャンペーンだったBFD2の特別価格でのご提供も明日6月30日が最終日です!50GBの大容量、パラアウトも自在なミキシング機能、柔軟なグルーブ編集機能、日本太鼓から著名スタジオエンジニア謹製のドラムキットまで幅広いジャンルの音色を追加できる拡張性を備えた総合ドラム音源です。重ねてお見逃しのないよう、ご注意を!

FXpansion BFD2製品ページ


03 6月 09

McDSP June Special !!


kornthumbnailスタッフはんなりです。

おとといご案内したWaves月例プロモのお知らせに続き、McDSPからもキャンペーンの案内が届きました。

McDSPのフラッグシップ・バンドル、Emerald Packが6月限定で大特価!! 更に、Project Studio 2のみに収録されていて、普段は単品で手に入れることができない各種LEプラグインが、今月のみ単体でご購入いただけます。

続きを読む »


25 5月 09

7 Days Left!! 5月末で終了するプロモ。


kornthumbnailスタッフはんなりです。

あっという間に5月も残すところあと1週間となりました。今月も各社から色んなプロモーションが発表されていますが、月末で終了となるものが幾つかあるので、ご案内させていただきます。それでは、どうぞー!!

_

・FLUX 全品半額セール!!

洗練されたユーザーインターフェイスが特徴的なFLUXプラグイン。使いやすさだけでなく、音質面でも高い評価を得ている同社の製品が5月中に限り、全品半額で手に入るチャンスです。お届けは手軽なiLokデポジットにて。

_

・Waves 月例プロモーション 30%Off!!

毎月恒例のWaves月例プロモ。今月の対象製品はDiamond Native BundleとStudio Classics Collectionです。どちらも国内限定の30%Offにてお買い求めいただけます。もちろん各バンドルへのアップグレード・プランもディスカウントの対象に。また、Diamond Native Bundleをお買い上げ、あるいは同バンドルへアップグレードいただいた方には、『Production Mixing Mastering with Waves(日本語版)』もプレゼント中です。

_

・McDSP / Project Studio 2 プロモ!! (Download Only)

ProToolsユーザー御用達のMcDSP製品。今月はエントリー・バンドルの Project Studio 2がダウンロード版のみ特価 & お好みの収録LEプラグイン(1本)をフルバージョンのNative版に無償でアップグレード出来るおまけというには豪華な特典付き。お届けは手軽なiLokデポジットにて。

_

…と、駆け足でのご紹介となりましたが、「そういえばちょっと気になってたんだけど…」という様な製品がありましたら、お買い逃しの無いよう是非、この機会をご利用下さいね。

_

ではでは。


03 4月 09

McDSP・お好みバンドルどうでしょ?


hm_3_02_byob_perm

スタッフ・はんなりです。

昨日に引き続き、緑が映えるプラグイン・McDSPの宣伝をもうひとつ。

先月、McDSPでは、対象プラグインの中から自分が欲しいモノを最大4つまで選んで、自分の欲しいバンドルを手に入れようという、その名もズバリ「Build Your Own Bundle」というプロモーションを期間限定で開催していました。

これがなかなかすごいプロモでして、例えば、単品94,290円のHD版プラグインを2個まとめて注文すると96,600円で手に入れられたり…と、あり得ない程お得な内容で、おかげさまでかなりの反響があったんです。

…で、そんな喜びの声がMcDSPのスタッフにも届いたのか、4月に入ってプロモーションの延長・継続が発表されました!!

キャンペーンの詳細や対象プラグインについては、こちらよりご確認ください。

こういうプロモがあるたびに、実際に買うかどうかは別にして、「自分ならどのプラグインを選ぼうかな?」と考えたりする性格なのですが、皆さんはいかがですか?

私・はんなりが個人的に手に入れたいと思うプラグインはFutzBoxです。Omnisphereのパッド・サウンドにかけて延々鳴らしてみたら楽しそうとか、Stylus RMXにかけてLoFiなループを作ってみようかとか…妄想は膨らむばかり。後はサウンドに暖かみのある質感が欲しいときに重宝するAnalog Channelを加えて、購入するとしたら 2 Native Plug-in Bundle でしょうか?

妄想する前に、それぞれのプラグインについてもっと知りたいなぁ…という方は、製品紹介ページをご覧いただくのも良いですが、当Blog内のMcDSP Channelがオススメです。McDSPのCEOであるColinさんが、各プラグインについて丁寧に解説してくれています。スタッフOKの名翻訳と併せてお楽しみください。


02 4月 09

McDSP:LEをNative版にアップグレードキャンペーン半額


スタッフHです。今日は二つ目。

昨年の今頃、McDSPのProject Studio 2の超特価キャンペーンをやったんですよね。これはおかげさまで凄い反響を頂きました。

Project Studioは基本的に「LE」バージョンになりますので、スタジオ定番のMcDSP製品(HD、Native)とはちょっと機能がカットされちゃっている部分があります。でも、アレですよね。フル機能使いたいものも中にはあるわけじゃないですか。コンプだけは重点的に欲しいとか。リバーブはフル機能を使いたいとか。

そういう方のためにフル機能をもったNative版へのアップグレードを用意しておりましたが、なんとこのアップグレードプランを、4/30まで2つで1つ分の値段にします。つまり半額です。

2個選ぶ事になるわけですけど、私ならそうですねー、マスタリングリミッターのML4000は手堅いとして、もう1つはAnalog Channelか…、Revolverか…。

と、いう感じで悩んでみてください。期間限定です。

アップグレード詳細、お申し込みページ


06 2月 09

McDSPプラグイン期間限定セール


スタッフHです。

音楽制作系の雑誌を見ていると、プロエンジニアの使用プラグインに必ずリストアップされているMcDSPプラグイン。McDSPと聞いた事がなくても、特徴ある緑色のインターフェイスを見た事がある方は多いかもしれません。

こんなのとか(これはFilterBank)

こんなのとか(これはFilterBank)

こんなのとか(これはCompressor Bank)

こんなのとか(これはCompressor Bank)

このMcDSPのNative版(RTAS版)を特価にて販売します!ただしパッケージ販売ではなく、iLokアカウントに直接デポジットでの納品となります。2月限定。

McDSPの製品は、実はもう単体では購入できなかったんですよ。バンドルのみしかなかったわけですが、キャンペーン& iLokデリバリーということで限定復活。タイトルは12ラインナップを用意しております。

詳しくはオンラインストアにてご確認ください。

McDSP 単体プラグイン限定特価 ラインナップ一覧へのリンク


Search

ブログ内を検索
2020年7月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031