Media Integration, Inc. Staff Blog

Staff Blog!

24 3月 12

BFDが重い?(その2)


スタッフHです。

昨日の記事「BFDが重い?」の続きです。

昨日は『みなさまの環境に応じて、メモリ/HDDの適切な方に負荷を割り振る』という内容でした。私が自宅で使用している環境ではメモリが4GBしかないため、専用で設けた外付けHDD(eSATA接続)に頑張ってもらう(=HDD側に負荷を割り振る)という使い方をしています。

このStream bufferとRAM bufferの組み合わせは、マシンによってきっとベストな組み合わせがあるはずです。メモリ使用量や動作(ノイズがでないか、とか)を確認して、みなさまにとってベストセッティングを探してみてくださいね。

昨日も書きましたが、ドラムだけで音楽を作るわけではないと思うので、BFD2がメモリの大半を持って行ってしまうなんて状況はツラいですよね。

最新とは決して言えない数世代前のマシンを使っている私、ベースやギターはオーディオでレコーディングしますが、ピアノやシンセなどはやっぱりソフト音源を使用しますので、こちらにも余裕を空けておきたい。その代わりに外付けのHDDを2つ用意して、「大容量音源専用」と「オーディオレコーディング専用」に使用しています。これくらいあれば、BFD2を使いながらギターやベースにアンプシミュレーターを使用しつつ、OmnisphereやStylus RMXでシンセやパーカッションループをを入れながらSampleModelingの音源でブラスを入れて軽快なファンクを演る、くらいはできます(私、ファンクが好きなんです)。

さてさて、その為にBFD2をもっともっと軽快にしましょう。本日もまたメモリ節約Tipsを一つ。

前回のポストでは、1.08GB使用していたメモリを635MBまで節約することができました。まぁ32個もパーツを使っておきながら、なかなかの節約ができていると思います。


■ 音楽を「作っている」ときは、最高の音質じゃなくてもいいんじゃない?

BFD2に収録されているサウンドは24ビットで収録されています。曲作りが終わって、ミックスをする時にはやはりこれくらいのクオリティーは必要でしょう。

でも、曲を作っているとき。いちいちフルサイズのサンプルを読み込んで時間が掛かってしまったり、そのせいで動作が重くなったりするのは困ります。そこで使えるのが、BFD2の「16ビットモード」なんです。設定場所は前回ポストと同じページ。

「16 bit mode」にチェックをいれ、かならず「Restart engine」でリフレッシュ。するとどうでしょう、同じキットを使用しているのに…

635MB → 308MB!さらにメモリの使用量が抑えられました。これで別のものにメモリを割り振れますね。

肝心のサウンドはどうかというと、せっかくですからそれぞれのファイルを用意しました。

  • 16bit

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

  • 24bit

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

違うといえば違いますが、これくらいなら制作時にも問題ないくらいではないでしょうか。ドラムフレーズを考えるときや、ざっくりドラムを鳴らしながらアレンジを練るときは、16bitモードでもほとんど問題ないと思います。色んなキットを試す場合に、ロード時間も(かなり)短縮されますしね。

いざこれでドラムトラックが完成し、ミックスを行う段階になったら、今度は逆の手順で24bitモードに切り替え、今度は「音質」に注力して作業をしていただく番です。

本稿は私、スタッフHの固有の環境でチェックをしております。「メモリ4GBなんて少なすぎるだろ!」という方の場合は、もちろんメモリ負荷を増やす設定にすることで、今度はCPU負荷を軽減できるようになります。メモリ負荷、CPU負荷、いろいろ軽減できる項目がありますので、自分のベストセッティング(= 余計な事を考えることなく音楽に没頭できるセッティング)を見つけましょう!


23 3月 12

BFD2が重い?


スタッフHです。

今や大容量の高品位ドラム音源も珍しいものではなくなりましたが、その中でも最も早く登場した製品の一つが、FXPansion社のBFDです。当時のライバルといえば、今でもおなじみのToontrackのSuperior Drummerで、ほぼ同時期に発売されたこの2製品は「どちらが最強か」なんて様々なところで話題になったものです。

多くの方が「Superior Drummer 対 BFD」を語る中で、Superior Drummerを取り扱っているクリプトンさんの営業と「ウチの方がこんなに面白いぜ」みたいにお酒を飲みながら(仲いいですからね)話した記憶があります。

続きを読む »


20 5月 11

世界で活躍する日本人BFDユーザー


本日はFXPasnionのウェブサイトからの翻訳記事をお届け。世界を相手に活躍する日本人パーカッショニスト、Taku Hiranoさんのインタビュー記事です。

スティービー・ワンダー、ジョン・メイヤー、チャカ・カーン、宇多田ヒカルをはじめとした超ビックアーティストたちとの共演や、メルボルン交響楽団にも参加されたという素晴らしい活躍をするTaku Hiranoさんが「この太鼓のサウンドこそ、まさに本物の音」と評価したBFD2拡張音源、Japanese Taiko Percussionにコメントしています。

Taku Hiranoさんの音楽的なバックグラウンドも知ることができる貴重なインタビューです。お時間のあるときにゆっくりどうぞ。


Taku Hiranoのパフォーマンスは、あらゆる分野に及んでいる。スティービー・ワンダー、 ショーン・コムズ、ジョン・メイヤー、シャキーラ、 メアリー・J・ブライジ、 ジョッシュ・グローバン、リアン・ライムス、 パティ・ラベル、 バリー・マニロウ、 ケニー・ロギンス、 チャカ・カーン、ブランディ、 ネヴィル・ブラザース、 ワイクリフ・ジョン、 ドン・ヘンリー、 トラヴィス・トリット、 シーラ・E.、 ジョー・ザヴィヌル、 ゲイリー・バートン、 ヨランダ・アダムス、 シーシー・ワイナンズ、アン・トリオ、 アルビン・エイリー・アメリカン・ダンス・シアター、 そしてメルボルン交響楽団と、数々の著名アーティストのコンサート演奏にパーカッショニストとして参加している。

続きを読む »


27 12月 10

キャンペーン多すぎ。まとめます。


スタッフHです。年の瀬ですねぇ。

12月は私たちが取り扱う多くのブランドでキャンペーンを実施しておりまして、実のところ私たちも一瞬わからなくなってしまうようなほどに…。

という事で、備忘録もかねてキャンペーン情報を列挙しますね。キャンペーンの詳細や締切などは、それぞれリンク先のページをご確認下さい。

Metric Halo Mobile I/Oシリーズ全品20%OFF

音の良さは音の出入口で決まる、と言う方は多いですが(多いですよね?)、FireWire接続の「信頼できる」オーディオインターフェイスをお探しなら、このキャンペーンは見逃せません。「オーディオインターフェイスは買い換えるもの」という使い捨て製品が多い中、Future Proofのポリシーで「アップデートできるオーディオI/O」は、他にありません。末永く使える一台をこの機会に。


WAVESプラグイン 全ラインナップ45%OFF

やっぱり人気のWAVES。一口にWAVESとはいっても、ラインナップは超膨大なんですよね。選ぶのにも個性がでそうなところではあります。私個人的にはエディー・クレイマーのHLS & PIEがよさげ、と思ってます。まずは、バンドルラインナップのページをご覧いただいて、お選び下さい。


BFD 「冬のホットな拡張音源 限定バンドル」

あらかじめ書きますが、BFD2にはそれだけでもう55GB(最大96ベロシティ・レイヤー)のサウンドが収録されています。これだけでもう、十分です。ただ、人によって最もよく使うキットピースってありますよね。私はゴーストノートを多様した打ち込みが好きですので、スネアとかね。

そうなると、曲によってバリエーションが欲しくなります。ということで、私たちメディア・インテグレーションからのプレゼントとして、なにかしらの拡張音源が1つついたパッケージをご用意しました。お値段そのまま。バリエーションは3種。

スネアのバリエーションを強化するか

世界でも発売されたばかりの本家ジルジャンのシンバル集を強化するか

日本国内では未発売のキットバリエーションを強化するか

または、「大盛り」にするか

どれを選ぶかは、みなさまのセンスと直感でどうぞ。数量限定。


FLUX:: 55〜60%オフキャンペーン

他のプラグインエフェクトにはない独自のパラメータをもち、そのサウンドの確かさから「玄人好み」な雰囲気ただようFLUX::のプラグイン。使い手によって表情が変わりますので、挑み甲斐のあるプラグインと言ってもいいでしょう。ツールを「使いこなす」感覚が好きな方ならぜったいにハマる事まちがいなし。

と、こんなFLUX::のプラグインが、55〜60%オフキャンペーン中!


あれ、数えてみればそんなに多くなかったかな…

ともあれ、年末年始の心機一転、新しいツールをみなさまの環境にどうぞ!


05 11月 09

BFD2スペシャルバンドル、第二弾の出荷開始と、隠しクーポン


スタッフHです。

やー、めっきり寒くなりましたね。朝が結構な辛さです。インフルエンザも流行ってますし、みなさんお気をつけくださいね。

さてさて、先週末もお伝えしたBFD2のスペシャルバンドル。BFD2 + Snare Drum Selects 1 bundleは一足先に出荷をいたしておりましたが、BFD2 + Joe Barresi Glamouflage bundleを昨日より出荷開始いたしましたー。

BFD2 + Joe Barresi Glamouflage bundleの目印はこの緑色のシール

BFD2 + Joe Barresi Glamouflage bundleの目印はこの緑色のシール

しかもこのBFD2 + Joe Barresi Glamouflage bundleには、特別クーポンが封入されているんですよ。どこにもアナウンスしていないんですけど。こんな感じのクーポン券が、製品に封入されています。

BFD2 + Joe Barresi Glamouflage bundleだけに封入されている、特別クーポン

BFD2 + Joe Barresi Glamouflage bundleだけに封入されている、特別クーポン

BFD2 + Joe Barresi Glamouflage bundleを買った方なら、このクーポンでPlatinum SamplesのBFD2拡張音源を特別価格にて購入する事ができます。

たとえばAndy Johns Classic Drums。レッドツェッペリン、ストーンズの名盤を担当したアンディー・ジョーンズ氏のライブラリが、¥6,000ディスカウント。

たとえばJoe Barresi Evil Drums。今回のBFD2 + Joe Barresi Glamouflage bundleのフル・バージョンもやっぱり¥6,000ディスカウント。

そしてそしてJim Scott Rock Drums。言わずと知れたレッチリサウンド。こちらは製品構成によって最大¥9,000ディスカウント。

BFD2スペシャルバンドルは数量限定。お求めは全国の楽器店、または当社オンラインストアにて。

緑かオレンジか。数量限定です。

緑かオレンジか。数量限定です。

BFD2 限定バンドルの詳細ページ


29 10月 09

BFD2のスペシャルバンドル、出荷準備中


スタッフHです。

私たちのTwitterでも先行つぶやきをしていましたが、BFD2の超絶スペシャルバンドルを発表いたしました。

人気のドラム音源BFD2、通常¥52,290(税込)のところ、本数限定¥34,800(税込)にて出荷。さらにさらにさらに、拡張音源であるModern Drummer Snare Selects、またはEvil Joe Baressi Gramouflage Kitのいずれか付き!

ただ安いだけではなく、お好みの拡張音源を選べるスペシャル・バンドルです。

スネアのバリエーションが大量に欲しいか、著名エンジニアが収録したアナログフィール溢れるドラムキットが欲しいか。お好みのバンドルをセレクトしてくださいね。数量限定ということで、2ラインナップで合計500本のみのバンドルとなります。

今週土曜より、Modern Drummer Snare Selectsバンドルを出荷開始。Evil Joe Baressi Gramouflage Kitは来週よりの出荷となります。

Modern Drummer Snare Selectsの目印は、このシール!

r0017478

鋭意準備中の大量のBFD2たち(これが出荷されないと、私たちのオフィスは歩くのも困難なほど狭いのです)。

r0017477

スペシャルバンドルの詳細、拡張音源の詳細は、特設ページにてご覧下さい。

BFD2 拡張音源付きでスペシャル・プライス!特設ページ


14 7月 09

最強のドラム音源はどっちだ!?


image

kornthumbnailスタッフはんなりです。

今週金曜日の19時より、Musicland KEY 渋谷店 5F デジタルフロア特設コーナーにて、Fxpansion / BFD 2Sonic Reality / Ocean Way Drumsの2タイトルを徹底比較するデモを開催します。

両タイトルのサウンドはもちろんのこと、それぞれのソフトが持っている便利なTipsや、お互いには無い独自の機能なんかを徹底解剖いたします。デモを通して単純にどっちが「いい」「わるい」ではなく、自分にあったものを見つけていただくきっかけになれれば幸いです。

参加は無料。製品をお買い上げいただいた方には、Groove Monkee社製MIDIドラムフレーズ集をプレゼントいたします。既に製品をお持ちの方も、ご購入を検討されている方も、どうぞお気軽にご参加下さい。

  • 日程:7月17日(金)
  • 時間:19:00〜
  • 参加費:無料(要事前予約)

詳しくはMusicland KEY 渋谷店様のウェブサイトをご覧下さい。

_

ではでは。ご参加、お待ちしておりま〜す。


14 5月 09

BFD2.1正式版リリース!


こんにちは。スタッフSです。

FXpansion社より、BFD2.1が正式リリースされました。
BFD2ユーザー様は無償にてアップデート頂けます。
これまではパブリックベータ版として公開されておりましたが、晴れて正式版としての公開です。

BFD2.1では、オーディオエンジンの改善、各種ツールの追加、そして新しいプラグインエフェクトなど、様々な機能が追加されています。
bfd21_01
新たに追加されたエフェクトは、PSP Vintage Warmer BFD2 Edition、そしてOvreloud Breverb BFD2 Editionの2つです。どちらもプラグインメーカーの協力を得てBFD2用に搭載したプラグインです。PSP Vintage Warmerはご存知の方も多いと思いますが、名前の通りアナログの質感を持ったコンプとして定評のあるプラグインです。そしてOvreloud Breverb は業務用スタジオ・リバーブのような、クリアでかつ密度感の高いプラグインです。どちらも無料で搭載されるなんて、太っ腹ですね。

また、Load-on-demand機能によって、使用するベロシティのサンプルのみキャッシュする機能が搭載されましたので、メモリの使用量を大幅に軽減させることが可能です。バウンス前にメモリ、ストリーミングの負荷を軽減させたい場合には最適です。(バウンスする際は、事前にトラックを最後まで再生させてください。二度目の再生から反映されます)

BFD2.1専用の拡張音源集、Sonica Japanese Taiko PercussionModern Drummer Snare  Drum Selectsも好評発売中です。

BFD2製品情報
http://second.minet.jp/fxpansion/bfd2

BFD2.1アップデート情報
http://second.minet.jp/support/content/view/268/37/


Search

ブログ内を検索
2021年10月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031