Media Integration, Inc. Staff Blog

Staff Blog!

27 12月 10

キャンペーン多すぎ。まとめます。


スタッフHです。年の瀬ですねぇ。

12月は私たちが取り扱う多くのブランドでキャンペーンを実施しておりまして、実のところ私たちも一瞬わからなくなってしまうようなほどに…。

という事で、備忘録もかねてキャンペーン情報を列挙しますね。キャンペーンの詳細や締切などは、それぞれリンク先のページをご確認下さい。

Metric Halo Mobile I/Oシリーズ全品20%OFF

音の良さは音の出入口で決まる、と言う方は多いですが(多いですよね?)、FireWire接続の「信頼できる」オーディオインターフェイスをお探しなら、このキャンペーンは見逃せません。「オーディオインターフェイスは買い換えるもの」という使い捨て製品が多い中、Future Proofのポリシーで「アップデートできるオーディオI/O」は、他にありません。末永く使える一台をこの機会に。


WAVESプラグイン 全ラインナップ45%OFF

やっぱり人気のWAVES。一口にWAVESとはいっても、ラインナップは超膨大なんですよね。選ぶのにも個性がでそうなところではあります。私個人的にはエディー・クレイマーのHLS & PIEがよさげ、と思ってます。まずは、バンドルラインナップのページをご覧いただいて、お選び下さい。


BFD 「冬のホットな拡張音源 限定バンドル」

あらかじめ書きますが、BFD2にはそれだけでもう55GB(最大96ベロシティ・レイヤー)のサウンドが収録されています。これだけでもう、十分です。ただ、人によって最もよく使うキットピースってありますよね。私はゴーストノートを多様した打ち込みが好きですので、スネアとかね。

そうなると、曲によってバリエーションが欲しくなります。ということで、私たちメディア・インテグレーションからのプレゼントとして、なにかしらの拡張音源が1つついたパッケージをご用意しました。お値段そのまま。バリエーションは3種。

スネアのバリエーションを強化するか

世界でも発売されたばかりの本家ジルジャンのシンバル集を強化するか

日本国内では未発売のキットバリエーションを強化するか

または、「大盛り」にするか

どれを選ぶかは、みなさまのセンスと直感でどうぞ。数量限定。


FLUX:: 55〜60%オフキャンペーン

他のプラグインエフェクトにはない独自のパラメータをもち、そのサウンドの確かさから「玄人好み」な雰囲気ただようFLUX::のプラグイン。使い手によって表情が変わりますので、挑み甲斐のあるプラグインと言ってもいいでしょう。ツールを「使いこなす」感覚が好きな方ならぜったいにハマる事まちがいなし。

と、こんなFLUX::のプラグインが、55〜60%オフキャンペーン中!


あれ、数えてみればそんなに多くなかったかな…

ともあれ、年末年始の心機一転、新しいツールをみなさまの環境にどうぞ!


05 11月 10

iPlay iRigコンテスト:審査中


スタッフHです。

大変お待たせしすぎてしまいましたが、ようやくiPlay iRigコンテストの審査を実施いたしました。審査員はプロデューサー/ギタリストの永谷喬夫さん。

審査の対象となる方々がさほど多くなく(悲)、一次審査の必要もなかったくらいの応募数だったため、永谷さんにお時間を作っていただいて、全ての審査対象のムービーを見ていただく事にしました。

数は多くないものの、それぞれのムービーには非常に強烈な個性があって、いずれもできるなら最優秀賞をさし上げたいなと思ってしまうほど。楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

それぞれのムービーを食い入るように審査する永谷さん。愛用のイヤフォンを持ち込んで審査していただきました。

永谷さんの審査の結果は、来週火曜の11/9に下記のページにて発表をいたします。

…以前にも書きましたが、応募総数が少なかったので、応募いただいた方は「何かしら」当たります。ツイッターや個人ブログで見かけましたが、「応募したかったのにiRigが品薄すぎて、入手できなかった」という方、本当にごめんなさい。次にこのような企画をやるときには、もうちょっと体制を整えないと、ですね…。

では、少々お待ちください。

iPlay iRig コンテスト詳細ページ


10 11月 09

楽器フェアで見てきたもの


スタッフHです。

先週の木曜から日曜まで開催されていた2009楽器フェア。みなさん行かれましたか?私・スタッフHも「仕事半分/趣味半分」で終日各コーナーを堪能してまいりました。いろんな楽器が見られて、触る事ができて。

どこかのブースから有名なギター・リフが聞こえてきたり、ジャジーなピアノが響いていたり。残念ながら私たちメディア・インテグレーションは出展をしておりませんでしたが、機会があれば参加したいですねー。お祭り好きなので。

さてさて、楽器フェアの詳細なレポートは、これはもう至る所にみなさんが書かれていますので、私の方はちょいと私たちの製品に絡んだレポートということで。

行ってきました山野楽器さんのブース。目当てはもちろんFenderブース。AmpliTube Fenderの絡みもあるので、ご挨拶がてらに。

r0017542

Fenderアンプの壁。やー、たまらないですね。私、以前Hot Rod Deluxe持ってたんですよ。

かつてフェンダーからリリースされていたビンテージ・ストンプのリイシューも展示されていました。色合いや質感、デザインもたまらなく格好いいですね。

r0017536

Fender Blender。ゲルマニウム・ファズですね。

r0017538

Fuzz-Wah。縦はワウをコントロールして、横はファズのゲインをコントロールするという変わり種。

こういったアンプ、エフェクト(ラック/ストンプ)などは、世界唯一のFender公認アンプソフトウェア、AmpliTube Fenderにかっちり収録されております。そして12/31まで延長された『アンプ倍増計画』、もちろんこのAmpliTube Fenderも対象。AmpliTube Fenderを買って、同じくFenderを愛していたJimi Hendrix Editionを貰ったり、やっぱりMarshallも欲しいなーという方はAmpliTube 2を貰ったり。

というわけで、年末まで延長された『アンプ倍増計画』、何卒よろしくお願いします。

アンプ倍増計画 詳細ページへのリンク

そうそう、山野さんのブースといえば、楽器フェア一番といっても過言ではない注目株がありましたよ。

r0017533いやー、欲しいですね。いつか買いたいなリストにしっかり書き込んでおきました。買えるのかどうかは別として…。


01 10月 09

AmpliTubeシリーズキャンペーン、2000人到達なるか?!


スタッフHです。

IK Multimediaの『アンプ倍増計画』キャンペーン、色々なところでご紹介しておりますが、おかげさまで順調(すぎる)売れ行きを記録中なんですよ。キャンペーンをご存じない方の為にざっくりとご説明をしますと、

● 何を買えばいいの?
Powered by AmpliTubeシリーズの対象製品をご購入下さい。

● するとどうなるの?
AmpliTube 2か、Ampeg SVXか、AmpliTube Metalか、AmpliTube JimiHendrixのどれかをいきなりプレゼント!。1個買ったらもう1個差し上げてしまうのは、IK Multimediaのお家芸…ですからね…。

● それで終わり?
世界中の皆さんが対象製品を購入して、その登録者数が2000人に達したら、さっきのプレゼントからさらにもう1個プレゼントしますよ。友達やバンド仲間を巻き込んでみんなでハッピーになりましょう、的な。


という。キャンペーンです。9/1からスタートしまして、締切は10/31です。で、ちょうど一ヶ月経ちまして。どれくらいの方が登録したかといいますとね、

e38394e382afe38381e383a3-3

上のバーが登録した人数、下のバーが残り日数

1323人まで来ました(10/1の18時現在)。ね、結構いいペースですよね。特に1000人を超えたあたりから急激に登録者が目立つようになりました。2000人到達は…まぁ、時間の問題かなと。思います。

私たちの会社に先日入社した新人のSくんも、このキャンペーンの行方を毎日気にしながら、昼休みにはご自慢のスタインバーガーとStealthPedalででベースの練習をしていますよ。さ、是非みなさんもこの機会に。対象製品やプレゼント製品など、キャンペーンの詳細は下記のリンクよりご確認下さい。「現在何人が登録したか?」もリアルタイム実況中です!

『IK アンプ/エフェクト倍増計画』キャンペーン詳細ページ

自称スタインバーガーが社内で最も似合う男、我が社の新人です

自称スタインバーガーが社内で最も似合う男、我が社の新人です


30 4月 09

Amplitube Fender 発売開始だー


スタッフHです。

発売前から結構な話題でした。連日多くの問い合わせも頂きました。先日のIMSTA FESTAでも永谷さんに本っ当に素晴らしいデモをしていただきました。弊社プロ・ブログでも、ギタリスト石井マサユキさんが「音決めで悩んでいたのに、これを使ったら悩みが解決した」と嬉しいコメントをいただきました。わたしたちスタッフ郡も、連日すげーすげーを連発してます。

というわけで、5/2よりAmplitube Fenderを発売開始いたします。

だってFenderなんですもん。すんごいイイんですもん。

こんな

こんな

アンプが

アンプが

ぜーんぶ

ぜーんぶ

入ってて

入ってて

もう

もう

正直、

正直、

こんなん見た事あります?

こんなん見た事あります?

あ、これは比較的新しい

あ、これは比較的新しい

スタッフSさんはコレ最高ですって。メタルだから。

スタッフSさんはコレ最高ですって。メタルだから。

私はコレが好きです。

私はコレが好きです。

ベースマン。ベースにも。ギターにも。

ベースマン。ベースにも。ギターにも。

ベーシストが買っても大丈夫。ベースプリ。

ベーシストが買っても大丈夫。ベースプリ。

これに加えて、コンパクトエフェクター/ラックエフェクトもあるんですよ。Fender公認。とにかく鼻血がでるくらいいい音してる。何に使ってもいいです。ギター?ベース?それだけじゃもったいない。ローズを通したっていいでしょうし、ソフトウェアシンセを通してもいいと思いますよ。

Fender好きはもちろん、音楽制作をしていて「音色」に物足りなさや悩みを感じる方へ。お求めは全国の楽器店、コンピューターショップ、またはメディア・インテグレーション・オンラインストアにてどうぞ。


22 4月 09

週末は初台アップルでIMSTA FESTA


スタッフHです。

さてさて今週末の土曜/日曜は、初台オペラシティー内にあるアップルジャパンさまにて、IMSTA FESTAが開催されます。国内のメーカー、代理店が一同に集うイベント。未発売のあの製品や、話題のこんな製品も見られる豪華なイベントです。

私たちのブースでは、

  • Spectrasonics | Omnisphere/Stylus RMX
  • FAW | Circle
  • Vital Arts | Plectrum
  • FXPansion | BFD2と、すべての拡張音源
  • Sonic Reality | Ocean Way Drums
  • Sample Modeling | The Trumpet/Mr.SAX T
  • あとは、ピアノ音源全部

この辺のソフトウェア・シンセサイザーをはじめ、

  • IK Multimedia | Amplitube Fender/StealthPedal(国内初公開)/T-RackS 3

なんかも展示します。

そしてデモ/セミナーブースでは、

  • 土曜(25日)永谷喬夫(surface) Plays Amplitube Fender
  • 日曜(26日)マスタリング・ツール T-RackS 3 デモ

を開催。永谷さんは私たちのブログページでもご協力いただいていますが、お忙しいところをなんとデモにご協力頂ける事になりました。何度か打ち合わせさせていただいてますが、ちょっとこれまでにないアンプ・シミュレータソフトウェアの凄さ、楽しさをお伝えできるような内容になりそうですよ。

あとは、店頭で試す事ができない(私たちのオンラインストアだけでしか販売してない)SampleModeling社の製品が試せたり、他社さんも初公開の製品があるかもしれませんからね。なかなか面白いイベントになりそうです。

IMSTA FESTAの参加は無料ですが、各デモ/セミナーには予約が必要です。ここまで書いておいてなんですが、私たちメディア・インテグレーションのデモ2つは、いずれも定員に達しているため、受付が終了しているみたいなんですよ…。

しかし、たぶん、おそらく、私の勘ですけど、保証はできませんが、立ち見とか…運良く席が空いているとか…あるかも…しれないので…ぜひお申し込みしてみてください。楽しいぞという事だけはお約束しておきます。

IMSTA FESTA各社デモの概要/申し込みページへのリンク

あ!そうそう、忘れてた。

日曜(26日)のT-RackS 3デモにご参加くださったお客様には、IK MultimediaよりT-RackS 3 EQをプレゼント!します。

プレゼント、つまりタダです。


07 4月 09

今週末の大阪はビッグイベント


スタッフHです。

大阪のビッグイベントといえば、三木楽器Tool’sさんとDigidesignさんが主催するDigi World。今週の末、金曜/土曜(4/10 – 4/11)に久々に開催です。

もちろん私たちメディア・インテグレーションも出展/デモを用意しております。

4/10(金)はProfessional Day。杉山勇司さんによるデモや、カプコンのバイオハザード5・サラウンドミックス・セミナーなどが用意されているみたい。これ、個人的にみたいので後ろの方でちょこんと立ってようかと思います(もう満席になっているみたいですので、予約してない方は一緒に立ち見しましょう)。

4/11(土)は私たち、メディア・インテグレーションもデモをするConsumer Day。最新のProTools 8と、無限に広がるサードパーティー製プラグインでの「音楽制作」にスポットを当てたデモを展開します。私たちのデモでは、新発売/まもなく発売の製品をたくさん使用しますよ。

まずはお求めやすい価格で登場したOcean Way Drums Silver。まもなく発売!Fender公認と話題のアンプ・シミュレータソフトウェア、Amplitube Fender。バージョン3になってさらにリアルになったピアノ音源、Pianoteq。さらに、Wavesから発売されたシグネーチャーシリーズ、Tony Maserati Collectionまで。すべてを使用して音楽制作の流れをご紹介します。個別の製品が気になる方も。制作の流れを知りたい、という初心者の方も。お気軽にどうぞ。

詳しくは三木楽器Tool’sさんのイベント詳細ページでどうぞ!(デモ関連は要・予約です。タダですけど)


04 2月 09

GTR3でスラッシュメタル


こんにちは。スタッフSです。

Wavesよりアーティストプリセットシリーズとして、元AnthraxのギタリストDan Spitzのプリセットが公開されています。
artists_presets_ad

4大スラッシュメタルバンドと言われる中でも、ファンキーな曲でミクスチャー的なアプローチを行ったり、スラッシュの枠にとどまらないバンドです。Anthrax、Metallica、Megadeth、Slayerと、今思うとやはり個性のあるバンドが残りますね。

Waves GTR3用に、Dan Spitz氏によるアンププリセットがWavesのサイトよりダウンロードできます。ヘヴィなリズムギターにはGTR3とAPI 560EQは欠かせないとのコメントがありました。

ところで、Dan Spitz氏は時計技工士としても凄腕らしいです。なんでも本人以外には作れない時計だとか・・・・。

各プリセットファイルはzip形式で圧縮されています。解凍後、GTR3 Ampのツールバー、”Load”メニューより読み込んでご利用ください。

GTR Artist Presetsダウロードページ

WavesGTR製品情報


27 10月 08

EARTHSHAKER SHARA氏によるStomp IOレビュー


こんにちは。スタッフSです。

フリーペーパー Electric Guitar誌に、EARTHSHAKERのギタリストSHARA氏によるStomp IOのレビューが掲載されています。


本号では、Stomp IOをライブで使用する場合にポイントを於いての記事ですが、さすがに、無数のライブをこなしてきたSHARA氏だけに、説得力がある内容となっています。コンピュータでライブ?と、疑問を持たれる方も参考頂けるのではないでしょうか。
その他、接続方法や、SHARA氏による音作りの方法も掲載されており、Webページと連動して、実際にSHARA氏が作成した4種類のサウンドを実際に演奏しているビデオが視聴出来ます。

http://www.electricguitar.jp/data_024a.html

やっぱり音を聴くのが一番ですよね。
本誌の解説を読みながら演奏を聴くと、音作りのポイントが非常に分かり易いです。ブリティッシュリード系の音も太くて抜けのある感じですが、2番目のヘヴィな音も今時の音って感じで、メタル、スラッシュよりな音ですね。ザクザクしたリフもかっこ良いです。3番目のクリーンなコーラスサウンドは、ギターが持つ本来のキャラクターがそのまま出ているような感じです。多分生音でも音良いんだろうな、と思います。
4番目の音はオールマイティに使えそうな音ですね。で、演奏しているのが”Radio Magic”じゃないですか。実はごくごく最近、友人とのバンドでこの曲のコピーしました。この曲、ビデオのように歪んだ音とクリーンな音の切り替えがあるんですが、アンプ自体を変えられるStomp IOだと、このように全くキャラクターの違う音を切り替える時にはすごく有効ですよね。

という訳で、EARTHSHAKERファンの方、StompIOご検討の方、ギタリストの方、是非Electric Guitar誌をご覧くださいね。全国の楽器店にて入手可能です。
詳細は下記ElectricGuitar誌の入手方法リンクをご覧下さい。

ElectricGuitar
http://www.electricguitar.jp/

11月30日まで!Stomp IOプロモ
http://second.minet.jp/ikmultimedia/?page_id=52

EARTHSHAKERオフィシャルページ

http://earthshaker.jp/


Search

ブログ内を検索
2021年10月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031