Media Integration, Inc. Staff Blog

Staff Blog!

24 1月 15

NAMM2015 Waves:Butch Vig Vocals、dbx 160、H-Reverbなど新製品が登場!


DigiGridによるDSPサーバーによるプラグイン処理とネットワークオーディオを統合した次世代環境も広がりを見せるWavesブースでは、人気のHybridシリーズから新作H-Reverb、dbxとのオフィシャル共同開発から誕生したdbx 160、そして以前もプレビューされた同社初のレコーディングソフトウェア、Tracks Liveなどが展開されていました。

  • Butch Vig Vocals

トニー・マセラティやエディ・クレーマーら一線のエンジニアとのコラボレーションから生まれたArtist Signatureシリーズは、エンジニアの手法を一画面に集約し独自のサウンドを素早く再現する人気のプラグイン。その最新作は、プロデューサーとしてNirvana, Foo Fighters, Smashing Pumpkinsを手がけ、自身もGarbageのドラマーを勤めるブッチ・ヴィグが開発に携わったボーカル専用プラグインです。

今までのSignatureシリーズプラグインと同様、一見するといわゆるエフェクト・プラグインのインターフェースからは大きく逸脱しているようですが…いえいえ、そこはWavesプラグイン、しっかりとボーカル処理のワークフローを考えて配置されたパラメータになっています。EQ、コンプ、ディエッサーは彼独自の視点からボーカルの特性に合わせてカスタマイズされており、さらに色付けに特化した2種類の歪み系エフェクトが備わっています。

ブースで実機に触ったスタッフ・マツによれば、どのパラメーターもかかり具合が素晴らしく非常に使いやすい印象、とのこと。発売が楽しみです。

  • dbx 160 Compressor / Limiter

http://www.waves.com/plugins/dbx-160-compressor-limiter

dbxとの共同開発によって誕生した、dbx 160のモデリング・プラグインです。ビンテージコンプの中でも稀少な160オリジナル・ユニットを、入力を突っ込んだときの歪み方まで含めて再現。それにとどまらず、ハードウェアには無かったコンプのミックス具合やノイズのバランス、さらにMS処理まで対応と単なる実機のモデリングではない、Wavesならではのプラグインに仕上がっていますね。

  • H-Reverb / Hybrid Reverb

http://www.waves.com/plugins/h-reverb-hybrid-reverb

H-Comp、Delay、EQに続くHybridシリーズ第四弾のリバーブ・プラグイン。他のHybridシリーズもそうですが、一画面ですべてのパラメータが見渡せる、ワークフローを徹底して考えたインターフェースが素晴らしいですね。

基本となるリバーブのパラメータからEQ、ダンピング、さらにドライブやモジュレーション、エコー、リバーブサウンドをダッキングで抑えたり、プリディレイをテンポ同期できるなど、ハイブリッドの名前に違わないプラグインです。

いずれの製品もリリース日は未定ですが、すでに製品ページが作られているところからもそう遠くなく発売されると思います。続報はウェブサイト・ブログでお知らせしていきますので、こちらもお楽しみに!


24 1月 15

NAMM2015:Teenage Engineering Pocket Operatorシリーズを発表!


スタッフOKです。

スウェーデン発のシンセメーカーとして、ユニボディのソリッドなデザインと独自のモデリング・サウンドが結実したシンセサイザーOP-1、そしてMIDI/CV/デジタル信号までを自在にパッチングするデバイスOplabなど、カッティングエッジな製品をリリースしてきたTeenage Engineering、NAMM 2015でも3つの新製品が発表されました。

Pocket Operatorと銘打たれた製品は下記3つをラインナップ。むき出しの基板・スイッチとモノクロの液晶で構成されたシンセサイザーで、単三電池2本で駆動、入出力はミニプラグとなっています。名前の通り電卓やゲームウォッチを彷彿とさせるデザインですね。

PO-12 / rhythm: 16ステップのシーケンサーと16種類のサウンドを搭載したドラム・マシン

PO-14 / sub: 16ステップのシーケンサーと16種類のサウンド+1ドラムマシンを搭載したベース・シンセ

PO-16 / factory: メロディ/リードに特化したシンセサイザー、16種類のサウンド+1ドラムマシンを搭載

いずれのユニットも、16種類のグローバルエフェクト、ステップごとにロックが可能なパラメータがアサインされたノブ2つ装備。さらにクリックトラックを使って3つすべてのユニットを同期させることも可能と、見た目のミニマル・ポップなだけではない本格的な機能も搭載しています。

クリック同期はパルスを使用するとのことで他のアナログシンセなどとも同期可能とのこと。

別売のオプションとなりますが、ブースで撮影させてもらったこちらのケースに収めると、美しいポケット電卓(?)に変身!ふと思ったんですが、電卓・ゲームウォッチとして機能させる隠しコマンド、あったりするでしょうか。OP-1にはヘリコプターゲームがありましたね。

このPocket Operatorシリーズ、なんとファッションブランドCheap Monday(スカルロゴのスキニージーンズでお馴染みですね)とのコラボレーションにより誕生した、という珍しい経緯があります。Teenage Engineering創立者Jesper Kouthoofdと、Cheap MondayのクリエイティブディレクターAnn-Sofie Backが、共に以前在籍していたファッションブランド時代から親交があり、今回のコラボレーションにつながったのだとか。

Pocket Operatorシリーズの国内での取扱はまだ未定ですが、随時ウェブサイトなどで報告してまいりますので、楽しみにお待ちください。


04 11月 10

デモ/セミナーを(ほぼ)毎週開催しています!


お久しぶりです。スタッフミッチーです。
今日は寒気がするので、膝掛けを太ももに巻いた状態で仕事をしています。

池部楽器Power Rec渋谷店様にご協力いただき、先月から開始した毎週金曜日夕刻の弊社取り扱い製品のデモ/セミナー/Q&A。
もちろん参加費は無料。
取り急ぎ、今後の予定をブログにアップしておきます。
まずは明日の告知から。講師は私スタッフミッチーです。

11/5(金) 18:00-19:00 Ivory II Grand Pianos 店頭デモンストレーション!
基本的には弾きまくりつつ、Ivory IIの魅力や使い方をお教えします。

そして来週からは、楽曲の制作過程をご覧いただく全4回シリーズが始まります!!

今週末にトラックを制作して、3分クッキング的に手際よくお見せできればと計画中。

11/12(金)17:00-18:00  #1. Stylus RMX / リズムを極める!
11/26(金)17:00-18:00  #2. Trilian / ベーシストにも負けないベーストラック制作
12/3(金)17:00-18:00  #3. Omnisphere / 上モノを加える!
12/10(金)17:00-18:00 (予定) #4. Waves / ミキシング <講師未定>

今回は参加特典をご用意致しました!
上記4回シリーズのいずれかにご参加いただき、対象製品(Spectrasonics社の3製品のうちのいずれか)をご購入いただいた方には、Twiddly BitsのサンプリングCDの中から1枚をプレゼントします。

本数限定の27%OFFセールが目下継続中なので、もし当日も継続していれば、ダブルでお得です。

11/12〜12/10の4回シリーズに関しては、事前予約された方を優先させていただきます。

現時点での参加ご予約は、お手数ですが池部楽器PowerRec渋谷店様に直接お申し込みいただきますよう、お願いします。

参加特典:Twiddly BitsのサンプリングCD

「あれっ?11/19が飛ばされているッ!」と気づいた鋭いお方。その通りです。
この日は私スタッフミッチーが出張で不在のため、誰か他のスタッフによるデモの開催を検討中です。

以上、皆様のご参加をお待ちしております!


Category : 未分類 / Tag : / トラックバックURL
22 7月 09

“Tony Maserati Collection” on Waves Youtube Channel !


tony-maserati-banner

kornthumbnailスタッフはんなりです。

Waves Youtube Channel にて、Tony Maserati Collection の日本語ビデオが公開されました。

Tony Maserati Collection は、Black Eyed Peas、 Beyoncé、 Mary J. Blige、 Sting、 David Bowie、 Jay-Zなどを手がける著名なエンジニア、Tony Maserati と Wavesのコラボレーションから生まれたバンドルです。

acg-acoustic-guitar-designer収録されているのは、彼がミキシングする楽器ごとに使う機材やプラグインの設定を解析したプラグインが6種類。

_

_

b72-bass-phattenerコンプレッサー、EQなど、機能別に分かれているプラグインと違い、「ドラム用」、「ボーカル用」といった用途別のプラグイン構成になっているのがユニークなポイントです。

__


この製品は7月の月例プロモの対象製品なので、今月中はいつもの30%OFFの価格でお買い求めいただけますよ。ビデオを見て気になった方は是非ご検討ください。

http://second.minet.jp/waves/tony-maserati-collection/

_

さて、このビデオのローカライズは日本で行われたのですが、その際、Soundworkshop.jp にご協力いただきました。

http://www.soundworkshop.jp/

Soundworkshop.jpには、DAW、楽器関連の新作ビデオ・ニュースが毎日更新・掲載されていますので、こちらも是非チェックしてみて下さい。

_

・Waves Youtube Channel !

http://www.youtube.com/watch?v=Nf6hKky6wBk

・Soundworkshop.jp のサイト

http://www.soundworkshop.jp/


10 4月 09

大阪梅田のイベントは「参加すると」T-RackS 3 EQがもらえます


スタッフHです。

大阪にやってきました。少々今回は体調がすぐれないもので、いつも楽しみにしている豚もやしは食べられそうにないのですが、散り際の桜をみられてうれしく思っています。

さてさて、前回までのエントリーでご紹介していた、4/10 – 4/11に開催の「三木楽器Digital World」ですが、こんな直前になんと太っ腹で有名なIK Multimedia社からうれしいプレゼントのご案内が。あります。

● プレゼント

T-RackS 3 EQ

● もらう方法

4/11(土)開催の、Digidesign & メディア・インテグレーションの共同デモ(14:00〜)に参加し、アンケートに回答するだけ!

また太っ腹なんですよ。このT-RackS 3 EQ、メーター群などはDeluxe版と全く同機能で、使用できるモジュールがT-RackS 3 Classic EQのみ、というものですが、マスターチャンネルに使用するイイEQをお探しなら、ばっちりです。

当日のデジデザインさんとの共同デモは、Ocean Way Drums Silverを使用してドラムトラックを作ったり、発売前のAmplitube Fenderでギターやベースの音を作ったり、Pianoteqで新次元のピアノ音源をご紹介したり、Waves Tony Maserati Collectionでミックス作業を行ったり。最後はT-RackS 3でばっちりマスタリングするところまでの流れをご紹介します。

三木楽器Tool’s Digital World イベント詳細(デモ/セミナーは無料、要予約です)


Category : 未分類 / Tag : / トラックバックURL
08 2月 09

Omnisphere ポッドキャスト久々の更新は…


スタッフHです。

昨日、土曜日はイケベ楽器パワーレックさんでマスタリング・プラグイン数種類のデモをしました。いやぁ、たくさんの方に集まっていただいて。ありがとうございます。

でも、あれですね。プラグインの内容もみなさん気になるようですが、コンピューターの負荷がどれくらいかってのも気になるみたいですね。そりゃそうですわ。せっかく買ったのに重くて使えないとか悲しいですしね。

私がデモでいつも使用しているマシンは、MacBook Proの2.2GHzですが(場合によってこれに+外付けHDD)、とりあえず一通りの取り扱いプラグインは使用できてます。前にも書いた気がしますが、唯一「ちょっとコレは…」と思うのは、WavesのL3-LL。アレはL3を低レイテンシーで(バスとか個別チャンネルに挿せるくらいに!)使いたい方のものなので、まぁけっこうパワー食いますよ。普通にマスタリング用途だったらL3-16でいい訳ですしね。

さておき、デモにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。次は同じくイケベ楽器さんですが、池袋のPower DJさんでのデモ。こちらもマスタリング・デモですが、「DJのための」という冠が付きます。スタッフさんから、マスタリング未経験の方も参加できるもの、というリクエストも頂いてますので「初心者だから参加しにくいな」なんて気兼ねせずにご参加ください。新発売のマスタリング・プラグイン、T-RackS 3を使ってのデモです。

前置きを書こうとして長くなってしまいましたが、本題はここから。

先月カリフォルニアで開催されたNAMM Show 2009。Spectrasonicsからは3つのビッグなニュースが発表されました。さらに、我らがスタッフSさんも大好きジョーダン・ルーデスによるOmnisphereパフォーマンスもあったみたいです(実はさっき知りました。だって出張チームの誰も教えてくれないんだもん)。

このビデオが、ポッドキャストビデオで公開されてます。

発売前までエピソード6まで公開されていましたが、新たにエピソード7、8が同時公開。一つはエリック・パーシング(Spectrasonics社代表)による追加パッチの紹介。そしてもう一つがジョーダン・ルーデスによるOmnisphereパフォーマンスです。

おそらくOmnisphereのLive Modeを使用したもので、ビデオから見る限り新しいユニボディのMacBook Proを使っているみたいですね。KORGのNanoキーボードを使用して、パッチの変更やユニゾンをリアルタイムで行ってます。

見てるだけで口がポカーンと開いてしまうような超絶テクニックも凄いですが、やっぱりサウンドメイクのうまさとか、パッチを切り替えるタイミングとか。やっぱり超一流。エリックさんによるエピソード7も、単なる新しいパッチの紹介にとどまらず、Omnisphereの新しい側面が見られる良・ビデオです。この二つのエピソードを見てると、まだまだ自分がOmnisphere使いこなしてないなーと楽しみが増えたような気分になります。

ビデオはもちろん無料です。下記リンクよりご覧ください(iTunesお使いの方はポッドキャスト登録しておくといいですよ!)

Omnisphere New Episode

om


Category : 未分類 / Tag : / トラックバックURL
16 1月 09

NAMM: FXpansionからなんとシンセサイザー!D.CAM SynthSquad公開!


おはようございます、スタッフOKです。

Spectrasonics、IK MultimediaにつづいてFXpansionからも新製品がNAMM 2009にて公開されました。なんとアナログ、FM、ストリング専用のシンセ・インストゥルメント、そしてそれらを自在に組み合わせられるワークステーションをバンドルした、その名もD.CAM SynthSquadです。

専用ページで公開されたイントロダクションのビデオを見る限り、モデル機種となったシンセサイザーから出力される音を単に再現するのではなく、部品、回路の一つ一つをモデリングし、限りなくアナログな振る舞いを再現するべく開発されているとのこと。これは期待もふくらむというものです。

各シンセサイザーそれぞれにデモソングも用意されています。肝心の音ですが、これがまた凄くカッコいいんです!ぜひご一聴ください。

各シンセサイザーの詳細は。。。

strobe

  • 1オシレーターのパフォーマンスシンセ
  • ディープな響きを備えたアナログ・ベース、リードに最適なサウンド
  • オシレーターのスタック、デチューンも可能
  • 豊かなドライブを持つマルチモード・フィルター

 

amber

  • クラシックなストリング・シンセをモデリング
  • 豊かなストリングから、サイケデリックなパッドサウンドまでカバー
  • 暖かなキーボード/オルガン・サウンドにも最適
  • パラフォニック・ディバイドダウン・オシレーター
  • フォルマント/レゾナンス・フィルターを搭載
  • 3つの異なるビンテージ・コーラス回路を再現

 

cypher

  • 精密に再現されたアナログFMオシレーター
  • 複雑な倍音を持つサウンドから特殊エフェクトまで音作りが可能
  • アナログの暖かさとデジタルの鋭さ
  • オーディオFM、ウェーブ・モジュレーション、S/H機能
  • 3オシレーター、2フィルター、ポリウェーブシェーピング
  • リングモジュレーター、ビート・デチューン、可変デプス・シンク

 

fusor

  • セミモジュラー形式のパフォーマンス・ワークステーション
  • 上記3つのシンセサイザー、エフェクト、モジュレーションを自由に組み合わせ可能
  •  20種類以上ものモデリング/デジタル・エフェクトを搭載
  • 4つのLFO、エンベロープ・フォロワー
  • パワフルなシーケンサー/アルペジエイターも内蔵
  • レイヤー、スプリットも自在。フレキシブルなルーティング。

詳細情報は追って弊社ウェブサイトにて公開予定、ですが、まずは下記サイトよりデモソングを試聴してみてください。

D.CAM SynthSquad製品詳細ページ

D.CAM SynthSquadイントロダクション・ビデオ


Category : 未分類 / Tag : / トラックバックURL
10 12月 08

SoundToys 待望のVST対応と・・・


こんにちは。スタッフSです。
クリエイター必携のプラグイン、SoundToys v3.1がリリースされました。
v3ライセンスをお持ちの場合は、無償にてご利用頂けます。
今回のアップデートでは、VST(Mac/Win)に対応し、その他DigitalPerformer v6対応、SpeedのLogic Pro対応が図られています。
これまでPro Tools上でしかご利用頂けなかったSpeedも、LogicのTime and Pitch Machineからアルゴリズムとして選択可能です。

VST対応ももちろんですが、Speedを自分の使っているホストアプリケーションで動かしたい、というご要望を沢山頂いておりました。
唯一無二のユニークなSoundToysのプラグインは、AU対応に続くVST対応によって、より多くのユーザー様にご利用頂けるかと思います。

VST、AU、Pro Tools LEなど、Native環境でご利用の方は、対応プラグインが全てセットになったNative Effectsがお勧めです。

また、SoundToysはインストールするだけで15日間ご利用頂けるデモ版もございます。検討中の方は、是品ダウンロードしてお試し下さい。

SoundToys製品情報
http://second.minet.jp/soundtoys/

SoundToys v3.1サポートアップデート情報
http://second.minet.jp/support/content/view/195/29/


Category : 未分類 / Tag : / トラックバックURL
28 10月 08

Omnisphere/東京デモ開催します


スタッフHです。

以前から席替えをしたとか、スタッフはんなり君が箱を潰してしまった事件とか、お伝えしておりましたけれども。実は私たち、引越をするんですね。引越といいましても、同じビルの違うフロアなんですけどね。その準備で上記のような事をバタバタと繰り返しておりました。まさに引越はこれからなんですが、もうちょとだけ慌ただしい状況が続きそうです。

さてさて。Spectrasonics / Omnisphereの勢いは留まること知らず。ものすごい勢いで出荷されていきます。先日本ブログにて、大阪でのデモンストレーション日程を発表いたしましたが、やっとのこと東京デモンストレーションの日程が決定しました。

■ Spectrasonics / Omnisphereデモンストレーション

時:11/11(火)19:00スタート

所:アップルストア銀座店 3Fシアタールーム

アップルストアのシアタールームってご存じですか?この手のデモを行うには、結構広めなんですよ。シアターってくらいなので、映画館のような感じ。ここに、どでかいスピーカーを置いてデモしたいなぁーと考えていたのが、ようやく実現しました。

Omnisphereのサウンドの真髄を聞いてみたいという方。Atmosphereからアップグレードしたものの、いまいち使用方法がわからんという方。理由はどうあれ、Omnisphereに興味のある方はぜひご参加ください。もちろん無料です。

アップルストア銀座のシアターは結構広いですからね。予約も不要です。気軽にお越し下さい。

関西にお住まいの方は、今週末の三木楽器Tool’s様(大阪・梅田)でもデモを開催しますよ。こちらはスタジオ内でのデモのため、定員があります。無料ですが、予約が必要です。詳しくは三木楽器Tool’s様あてまでご確認ください。

各種イベント/セミナー/デモ情報リンク


Category : 未分類 / Tag : / トラックバックURL
19 10月 08

プロブログページに今本修さんを追加!


スタッフHです。

先日よりリニューアルした私たちのブログページ、プロのエンジニア、ミュージシャン、アーティストのみなさんにご参加いただき、気になるものや日々の事、音楽の事などを書いて頂いております。

みなさんお忙しい方なので、さすがに毎日毎日の更新ができるわけではないのですが、第一線でご活躍される方の技やテクニックを公開していただけたら…いいなーと思っております。

10/17より、エンジニアの今本修さんが参加してくださいました。大沢伸一さんの作品ではおなじみのエンジニア。どんな機材を使っているのか。どんな音楽を聞いているのか。気になりますねー。ご参加くださっているプロの皆様、これからもよろしくお願いいたいします。

プロページのブログでは、それぞれの方にコメントの投稿ができます。「あの音はどうやって作っているのですか?」とか、普通には聞けない事も…教えてくれる…かも?しれません。どんどんコメントしてみてください(回答があるかどうかは保証できませんが)。

ということで、これからもメディア・インテグレーション、ブログページをよろしくお願いいたします。

http://second.minet.jp/blog/


Category : 未分類 / Tag : / トラックバックURL

Search

ブログ内を検索
2021年10月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031