Media Integration, Inc. Staff Blog

Staff Blog!

18 2月 15

Macintosh 30 Years Meeting Tokyo


スタッフトミーです。

「あなたの初めてのMacはなんですか?」

僕が始めて買ったのはMacBookの黒でした。高校卒業までWindowsを使っていて大学進学と同時に購入。当時はMac FanやMac Peopleなど愛読しており、カタログショッピングしていたのを思い出します。昔からApple社製品を愛してやまない方々からはまだまだ若造が!と言われてしまうかもしれませんが…

Macintosh 30 Years Meeting Tokyo

前置きはそのくらいにして、先日2月14日バレンタイン・デーに開催された、Mac 生誕30周年を祝うイベント、Macintosh 30 Years Meeting Tokyoにベンダーとして参加してきました。

ユーザーを中心としての楽しいパーティー、様々なゲストや参加者の皆様とともに、Macintoshの30年に渡る歴史を振り返りつつ、iPhoneを始めとしたこれからAppleの30年を語りあうイベントでした。なんと、数々のビンテージMacintoshの実機展示もありました。

ビンテージMac

場所は京橋にあるイトーキ東京イノベーションセンター SYNQA。イトーキさんは写真にあるようなクールなオフィス家具を製造販売しているメーカーさんです。その社屋の素敵な雰囲気のカフェエリア1Fを今回お借りして開催されました。

イトーキ東京イノベーションセンター SYNQAイトーキ東京イノベーションセンター SYNQA

弊社のブースでは、Appleと長年のビジネスパートナーでもあるApogee社の製品を中心に展示。(後ろのポスターは藤井フミヤさん with Apple)

Media Integration Booth

音楽制作をされない方でもiPhone / iPadで気軽に音楽を楽しめる製品のMiCやJAM。DACとして活用される方も少なくない、ONEやDuetなど多くのお客様に興味を持っていただけました。MiCをインタビュー用マイクや動画配信用としてお使いいただいてるヘビーユーザーの方々にもお会いできました!

興味深かったのは医学博士の杉本真樹さんのプレゼン。実はこの方は米国Appleが制作した、「Mac 30 – Thirty years of innovation」の動画に、唯一日本人として出演している2人の内の1人。

「Macは道具に過ぎない、人間の能力を何倍にもするデバイス。Macを所有することではなく、Macを使って何を生み出すかが重要だ」という話が印象的でした。最後にはビンテージMacをCTスキャンしたという(お医者さんならではですね)貴重な?3Dイメージも見る事ができました。

9年後の2024年には40周年もイベント開催予定だそうです。Mac好きな方は参加されてみてはいかがでしょうか?その時までにどんな製品が発売されているんでしょうか…とても楽しみですね!


28 1月 13

スタッフトミーのNAMM ‘13 雑記


はじめまして! セールス・スタッフのトミーです。
メディア・インテグレーションの一員になり、初めての海外出張でNAMM ‘13に行ってきました。
アメリカは実に2年ぶり。英語が衰えていないか心配でしたがいろいろとメーカーさんと良いお話もできました。
製品の裏側のストーリーや開発者の苦労なども知り、この経験を生かしてユーザーの皆さんに良いモノ、良い情報をご案内していきます。
と本題に入る前に、トップの画像はサンタモニカの海です。水平線の先に雲が途切れて太陽の光と海のコントラストが最高です。

SpectrasonicsのFacebook写真でラスト・フライトとしてポストされていた、スペース・シャトル”エンデバー”の展示も見てきました。これがなかなかの迫力!最初興味なかった僕も、実物を見たら感動してしまいました。LAの街中をエンデバーが牽引されている動画がありました。感動しますがちょっと笑えます。

===

さて本題に戻って、今回は弊社取り扱いメーカーの新製品がとてもホットでした。WavesがDiGiCoとコラボしたDigiGrid、ライブ用新プラグイン、新しいSignature Collection、iConnectivityの新製品4タイトル、Earthworksの500シリーズ・マイクプリ ZDT 521などなど。

詳しくは下記リンクをチェック!

★ Waves:Waves、DiGiCoとのコラボレーションから誕生した”DiGiGrid”製品群を一挙公開!

★ iConnectivity:iConnectivity、iConnectMIDIシリーズに複数の新モデルを追加!!

===

それでは、ちょっと視点を変えてみなさんで楽しめる写真を紹介していきたいと思います。僕たちが最近取り扱いをスタートした、EVE Audioモニター。
(ありがたいことに早速僕が旅立つ前にグレードアップ・プロモで購入していただいたお客様が!)最初の製品の発売からまだ1年も経過していない若いブランドですが、今回のショーでは、ヨーロッパのメーカーのブースでEVEのモニターが使われているのを目にする機会がありました。

1枚目:Bitwigブースにて:SC205 2枚目左:Nektarブースにて:SC204 2枚目右:eowaveブースにて:SC205

次はVOVOXいってみましょー。

1枚目左:Focalブースにて:sonorus direct S & sonorus initio power *電源ケーブルは現状弊社でのお取り扱いがありません。

1枚目右&2枚目:Lauten Audioブースにて:sonorus direct )*Dangerous Music / D-BoxとMoon Professionalのプリアンプ(写真ボケすいません…)

ちなみに僕はVOVOXに大変惚れ込んでおり、プライベートマシン周りのワイヤリングは全てVOVOXです。

*** 最後に一つ懺悔を。

シルキーで透明感の高いハードウェアが印象的な、Kush Audioさんのブースではなんと…

Metric Halo / Mobile I/O 2882が使われていました! 写真を撮りそこねたのが悔しい限りです。


10 11月 09

楽器フェアで見てきたもの


スタッフHです。

先週の木曜から日曜まで開催されていた2009楽器フェア。みなさん行かれましたか?私・スタッフHも「仕事半分/趣味半分」で終日各コーナーを堪能してまいりました。いろんな楽器が見られて、触る事ができて。

どこかのブースから有名なギター・リフが聞こえてきたり、ジャジーなピアノが響いていたり。残念ながら私たちメディア・インテグレーションは出展をしておりませんでしたが、機会があれば参加したいですねー。お祭り好きなので。

さてさて、楽器フェアの詳細なレポートは、これはもう至る所にみなさんが書かれていますので、私の方はちょいと私たちの製品に絡んだレポートということで。

行ってきました山野楽器さんのブース。目当てはもちろんFenderブース。AmpliTube Fenderの絡みもあるので、ご挨拶がてらに。

r0017542

Fenderアンプの壁。やー、たまらないですね。私、以前Hot Rod Deluxe持ってたんですよ。

かつてフェンダーからリリースされていたビンテージ・ストンプのリイシューも展示されていました。色合いや質感、デザインもたまらなく格好いいですね。

r0017536

Fender Blender。ゲルマニウム・ファズですね。

r0017538

Fuzz-Wah。縦はワウをコントロールして、横はファズのゲインをコントロールするという変わり種。

こういったアンプ、エフェクト(ラック/ストンプ)などは、世界唯一のFender公認アンプソフトウェア、AmpliTube Fenderにかっちり収録されております。そして12/31まで延長された『アンプ倍増計画』、もちろんこのAmpliTube Fenderも対象。AmpliTube Fenderを買って、同じくFenderを愛していたJimi Hendrix Editionを貰ったり、やっぱりMarshallも欲しいなーという方はAmpliTube 2を貰ったり。

というわけで、年末まで延長された『アンプ倍増計画』、何卒よろしくお願いします。

アンプ倍増計画 詳細ページへのリンク

そうそう、山野さんのブースといえば、楽器フェア一番といっても過言ではない注目株がありましたよ。

r0017533いやー、欲しいですね。いつか買いたいなリストにしっかり書き込んでおきました。買えるのかどうかは別として…。


14 9月 09

IK Multimedia初のiPhoneアプリGrooveMaker、 AppStoreトップページに!


gmkr_uiおはようございます、スタッフoKです。

grvmkr_appstoreIK Multimediaが先月発表した同社初のiPhoneアプリケーション GrooveMaker が、現在AppStoreのトップページ「What’s Hot」に掲載されています。弊社のTwitterではすでにご案内をつぶやいていたりしていたのですが、あらためてご紹介です。

GrooveMakerは画面上のループ素材をタップしてならべ、さらにそれらを組み合わせてダンス・トラックを作っていける、iPhone/iPod Touchならではのインターフェースを生かした革新的なアプリケーションです。

作成したトラックは、Wifiを経由して44.1kHz/16bitのWavファイルに書き出してDAWやビデオ制作に…とアウトプットまで考え抜かれています。実際アプリを起動してループで遊んでいると、どんどん没頭してしまうんですね。

現在のラインナップは無料版のFREE、ハウス、ヒップホップ、トランス、クラブの4種類、さらに新たに4つが近日発売開始予定となっています。

その他チュートリアルビデオ、各製品の詳細、オーディオデモなどが下記GrooveMakerウェブサイトにて公開中です。日本語にローカライズされていますので、お気軽にアクセスを!

GrooveMaker公式ウェブサイト
http://www.groovemaker.com/jp/

iPhone/iPod touchユーザーの方はぜひFREE版をお試しください。

grvmkr_freeGrooveMaker FREE
(iTunesStoreリンク)

*なお本アプリケーションは通常のIK Multimedia製品とは別経路(iTunes Store)で流通しているため、代理店として介在の余地がなく、弊社サポート対象外となります。なにとぞご了承ください。


28 8月 09

Mac OS X 10.6 Snow Leopard買ってきました!


mac-os-x-snow-leopard

いよいよ本日、2009年8月28日発売の”フル64bit対応”Mac OS X 10.6 Snow Leopard、早速(個人的にも)買ってきました。弊社取扱い製品の動作検証は各デベロッパーへ確認の上、サポートページにて順次対応状況を公開致しますので、もう少しお待ちください。

Intel Mac専用に最適化され、動作が前バージョンよりも早くなったというSnow Leopardですが、実際に音楽制作でその恩恵を受けられるのはホストアプリケーション、オーディオ・インターフェース、プラグインが全て対応してからですね。これからMacを新調する方は動作環境のご確認をお忘れなく。


Category : 雑記 / Tag : , / トラックバックURL
17 7月 09

Twitterでメディア・インテグレーションからの情報をいち早く!


twitter_logo

おはようございます、スタッフOKです。

大変好評をいただいております、T-RackS 3 Singles「夏のプラグイン倍増計画」プロモーション、発売2週間でご登録者数も450名を超え、3つめのプラグインのご提供も目の前となりましたよ!

さて、メディア・インテグレーションでは、こうした情報をなるべく素早く皆様にお届けするべく、様々な方法を試みています。当ブログももちろんその一つです。

各種新製品・キャンペーンのご案内は、弊社メーリングリストMI Quick Newsにも掲載しています。こちらは月数回の発行となります。

そして本年から、よりリアルタイムに情報をお届けすることを目的に、Twitter(ついったー)による配信も開始しました。

Twitterとは、「今何してる?」という問いに答える形でメッセージをポストして共有しよう、というソーシャルネットワークなサービスです。

現在弊社では2つのTwitterアカウントで製品・キャンペーン情報とサポート情報を配信しています。Twitterユーザーの皆様、ぜひフォローしてみてください。

製品・キャンペーン情報
http://twitter.com/minetjp

製品サポート情報
http://twitter.com/misupport

配信はいいけどTwitterはやらないよ、という方も上記アカウントのRSSをお使いのブラウザでブックマークすれば、リアルタイムに情報の取得ができますよ。こちらからアクセスをどうぞ。

製品・キャンペーン情報RSS
minetjpのつぶやきのRSSフィード

サポート情報RSS
misupportのつぶやきのRSSフィード


14 7月 09

最強のドラム音源はどっちだ!?


image

kornthumbnailスタッフはんなりです。

今週金曜日の19時より、Musicland KEY 渋谷店 5F デジタルフロア特設コーナーにて、Fxpansion / BFD 2Sonic Reality / Ocean Way Drumsの2タイトルを徹底比較するデモを開催します。

両タイトルのサウンドはもちろんのこと、それぞれのソフトが持っている便利なTipsや、お互いには無い独自の機能なんかを徹底解剖いたします。デモを通して単純にどっちが「いい」「わるい」ではなく、自分にあったものを見つけていただくきっかけになれれば幸いです。

参加は無料。製品をお買い上げいただいた方には、Groove Monkee社製MIDIドラムフレーズ集をプレゼントいたします。既に製品をお持ちの方も、ご購入を検討されている方も、どうぞお気軽にご参加下さい。

  • 日程:7月17日(金)
  • 時間:19:00〜
  • 参加費:無料(要事前予約)

詳しくはMusicland KEY 渋谷店様のウェブサイトをご覧下さい。

_

ではでは。ご参加、お待ちしておりま〜す。


13 6月 09

ドラマーからみたドラム音源の実力は…


cover_vol_97

_

kornthumbnail

スタッフはんなりです。

全国の楽器店/リハーサルスタジオなどで入手できるフリーマガジン・DiGiRECO。その今月号が昨日(金)より配布されています。

今月号では「ドラマーがドラム音源を試す」と銘打った企画で、弊社取扱のドラム音源「Fxpansion / BFD 2」と「Sonic Reality / Ocean Way Drums Silver」を、ドラマーの辻伸介さんにRoland / V-Drumsを使って演奏していただきました!!

製品紹介に加えて、辻さんからいただいたそれぞれの製品の感想も載っているので、週末に楽器店によられる方は是非DiGiRECOを手に取ってご覧下さい。

また、当Blogでもご紹介させていただいた「ギタリストの逆襲 @ 池部楽器 池袋店!!」のイベント当日の模様も掲載されていますので併せてどうぞ。イベントの様子はWEBに動画も用意されていますよ。

_

・DiGiRECOのサイト

http://www.digireco.com/

・ギタリストの逆襲・特設動画サイト

http://www.digireco.com/097_guitarist/

_

ではでは。

**************************************************

6/19(金)17時より、Sound Power @ Apple Store, Ginzaに参加します。

http://www.apple.com/jp/event/soundpower/

**************************************************


05 6月 09

Omnisphere Interview. (Danny Elfman)


t4_article1a1

kornthumbnail

スタッフはんなりです。

日本でも来週末・公開予定の映画、「ターミネーター4」のフィルム・スコアを担当したダニー・エルフマンがSpectrasonicsのインタビューに答えて、同社のOmnisphereについてコメントを寄せています。

ダニー・エルフマンと言えば、ティム・バートン監督映画の殆どのフィルム・スコアを担当している事でも有名ですが、今作では2台のOmniphereをDigital Performer上で同時に立ち上げて制作を行っていたとの事。

ざっとですがインタビューをまとめてみたのでご覧下さい。(ちなみに彼が実際にこんな口調でインタビューに答えていたどうかは分かりません。)

続きを読む »


22 5月 09

Strum Electric 発売!!


strumelectric

スタッフ・はんなりです。

本日、A|A|S、Strum Electricの国内発売を開始いたしました。

MIDIキーボードでエレクトリック・ギターの音や奏法を再現するモデリング・インストゥルメントです。紹介ページでデモソングも公開しているので是非ご一聴ください。

http://second.minet.jp/aas/strum-electric

アコースティック・ギター版のStrum Acousticもあります。こちらもご一緒にどうぞ。

http://second.minet.jp/aas/strum-acoustic

_

ではでは。


Search

ブログ内を検索
2020年7月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031