Media Integration, Inc. Staff Blog

Staff Blog!

09 6月 14

スタッフルーム:そのメーカーの「一番安価」なマイクで


スタッフHです。

近年、プラグインの低価格化が進み、一級のエンジニアさんから私のような素人まで、プラグインなら誰しもが「同じもの」を使って制作できるような環境が整いつつあります。もちろん経験値の違いが音の違いに直結するので、たとえ同じものを使っていたとしても、決して同じサウンドには仕上がりません。この辺がミックスの楽しさであり、奥深さでもあるでしょう。

一方でマイクやスピーカーなどのハードウェアは、安価なものから非常に高価なものまで、さまざまな価格帯で発売されています。それぞれのメーカーの最高額の機種は、高価なパーツを使っていたり、とてつもないスペックを持っていたり、その機種でしかできない機能があったりと、高額である理由があります。

私はそのメーカーの「もっとも安価なモデル」に注目してしまうクセがあります。理由は「そのメーカーの特色が分かるから」。安価だけにどこか手を抜いただけの商品ではないか、”使える”モノかどうか。メーカーの名前を付けてリリースする以上、どこまでのコストダウンを許容しているのか。

安価な製品があまりイケてないブランドは、高価なものもさほどイケてない、というのが勝手な持論です(高額なものをすぐに買えないという予算の問題が一番ですが・笑)。

さて、という事で前回ポストで少しだけご紹介した私たちのマイクブランド、Lewitt。この中でレコーディング用のコンデンサーマイクの一番安いモデルであるLCT240を自分用に購入したのです。


第一印象は、安価なモデルにありがちな外装の安っぽさがなかったこと。手のひらサイズほどの大きさしかないのに(大きさ比較については、前回のポストをご覧ください)、およそ300グラム。

これを使って、アコースティックギターとボーカルのシンプルなレコーディングを実施してみました。1:30秒のビデオでどうぞ。

本セッションのマイクプリアンプには、Metric HaloのULN-2を使用。レコーディングは96kHzにて行いました。EQやコンプなどは一切使わず、DAW標準のリバーブ、マスターにピークリミッティングのみ(音圧を出す目的ではなく)でリミッターを使用しました。一般的な賃貸マンションでのレコーディングだったため、ローエンドのノイズ(マイクスタンドの振動からくるものなど)をカットするために、マスターチャンネルにて40Hz以下をフィルタリングしています(近所で工事やってるんですよね…)。

・スモールダイアフラム

LCT240のダイアフラムは2/3インチ。同社では他にも同様のマイクがありますが、全て1インチ。このモデルだけが2/3インチなのです。豊かな低域の再現度という観点でいえば、他のモデルのほうに軍配があがります。しかしスモールダイアフラムならではの歯切れの良さ、スピード感と相まって、LCT240はLewittの中でも異彩を放つ存在のように思えます

・セッティングと、耐圧

2/3インチのダイアフラム、豊かな低域は1インチに劣りますが、ここを少しでも補うようにギター/ボーカルにはかなり近めのセッティングにしました。スタジオのようなルームチューニングをしていない部屋なので、近めのセッティングは部屋の反射音も抑えられます。

オートアッテネーションモードの時には、Lewittロゴが赤く光ります

近くにセッティングすることで気になるのはマイク本体の耐圧ですが、LCT240は標準で146dbもの耐圧、本体のパッドを噛ますと最大で166db(!)もの耐圧性能を誇ります。ギターやボーカルのみならず、大きな音量の楽器にも安心して使用することができます。「この楽器にはパッドを噛ませたほうがいいかな…?」という判断ができなくても大丈夫。Lewittのマイクには自動でアッテネーター(パッド)を噛ませるべきかどうかを検知してくれるモードも搭載。この辺はまた改めてご紹介できればと思います。

・低域は分かったけど、高域は?

LCT240の周波数レンジは、20Hzから20kHz。では20kHz以上はすっぱり無くなるかというと、もちろんそんな事はありません。ビデオ中も何度か映像が登場しますが、40kHzまでのアナライザーを使って表示をしていると、20kHzからなだらかなカーブを描きつつも、30〜40kHzにもこれだけの情報を抑えています。


Lewittのマイクに注目してくださる方の中で、もっと豊かな低域も欲しい、という方なら、LCT540や640、あるいはこれから発売となる真空管マイクのLCT840/940もチェックしてみてもらえれば、と思います。

私はもうこのLCT240が可愛くて仕方がないので、ギターアンプやドラムのトップ、スネア、パーカッション系はもちろん、最近練習している三味線や二胡などの民族楽器にも試してみたくなりました。

LEWITT LCTシリーズ総合ページへのリンク>>


スタッフH

MIセールスマネージャー。休日はベースを弾くホリデーミュージシャン。コンパクトエフェクターが大好き。先日六本木のEX-シアターで行われたラウドネスのライブに行ってきました。最近「Let it Go」といえば誰もが口ずさむあの曲がありますが、私の世代でLet it Goといったら、やっぱりラウドネスのほうです(ライブでも演ってましたよ!)。


04 6月 14

スタッフルーム:Lewitt LCT240


スタッフHです。

私たちメディア・インテグレーションのスタッフの多くは、それぞれ楽器演奏が好きな者、趣味で作曲をする者、録音やミックスが好きな者とそれぞれ趣味嗜好があります。もちろん聞く事は全員が大好き。そのため、それぞれが個人的にいろいろな楽器を買ったり、機材を買ったりして、週末を楽しんでいます。自社の製品も大好きなので、プライベートで使用したいのであれば、それぞれ購入して使います。


私も先日、自社製品の中で新しいものを1つ購入しました。新規に取り扱いを開始したLewittというマイクロフォンブランドの中から、コンデンサーマイクの最も安価なモデル、LCT240です。

私はハードウェアメーカーの「最も安価なモデル」に注目してしまうクセがあります。そのメーカーの製品で「最も高価なモデル」はもちろん最高であろうと思うのですが、「最も安価なモデル」がどれくらいの完成度であるか、手を抜いただけの粗悪品ではないか、何よりも「使える製品かどうか」(もちろん、すぐさま最高額の機種を買える予算がないというのも理由ですが!)。同様の理由で、Lauten AudioのClarionも購入しました。

LCT240を購入した理由は「もっと手軽に持ち歩きできて、いつでもちょっといいクオリティでレコーディングできるようなマイクが欲しかった」から。2/3インチのダイアフラムであるLCT240は、実際このくらいの大きさなのです。

** LCT240は中央、右はLauten AudioのClarion。左は大きさ比較のBOSSコンパクトエフェクター


LCT240は、Lewittのレコーディング向けコンデンサーマイクの中では最も安価なモデルで、34,800円にて販売しています。外装はオールメタルで、安価なモデルにありがちな安っぽさもありません。手にもったときも満足感のある重量で、私が好きな「小っこいのにパワフル」な印象。

主に録りたいのは、アコースティックギターと女性ボーカル。次回は、「一級の環境ではないところでLCT240を実践投入」してみようと思います。例えば自宅など。


スタッフH

MIセールスマネージャー。休日はベースを弾くホリデーミュージシャン。コンパクトエフェクターが大好き。押し入れに入りきらなくなったギターとベース、民族楽器の収納に頭を悩ませています。


13 6月 13

DiGiRECO / ElectricGuitar連動企画!


毎月第2金曜日に発行のフリーペーパーDiGiRECO / ElectricGuitar。楽器店、学校、リハーサル・スタジオなどでの配布を楽しみにお待ちの方も多いのではないでしょうか?

毎月、音楽制作に役立つ情報が、時に解りやすく、時にマニアックなところまで深く紹介されている同誌。今月号にはEarthworks SR20をドラム、エレクトリック・ギターのレコーディングに使用したレポートが掲載されています。

本ブログでは、取材時にレコーディングしたオーディオ・ファイルをご紹介いたします。こちらのオーディオ・ファイルをお聴きになりながら、誌面をご覧いただけましたら記事への理解もより深まります。

ドラム

それでは記事の順番通り、まずはドラムのトップにSR20を2本をセットしてレコーディングしたものです。

トップ (SR20) x 2 本のみ

マイク2本だけでも各パーツの音がクリアでナチュラル。そしてプレイヤーの「自分のイメージ通りの音」が録れています。またSR20の特徴であるレスポンスの良さが功を奏しスピード感があるところも印象的です。続いてキックにKickPadを装着したSR30を追加し、マイク3本で録ったものがこちらです。

トップ (SR20) x 2 本 + キック(SR30+ KickPad)

キックのマイクが加わることで迫力が出て、ボトムが充実します。SR30もSR20と同様にレスポンスが素早いためアタックの質感、グルーブがプレイに忠実に表現されます。そして、プレイヤーがコメントする通り、自分でチューニングしたドラムのサウンドがそのまま録音されます。少ないマイクでの録音はパーツごとにマイクを立ててレコーディングする場合より位相のマネージメントが少なく済み、ミックスしやすくなることもセルフ・レコーディングでは大きなアドバンテージになります。

エレクトリック・ギター

クリーン

ドライブ・サウンド

エレキ・ギターではギター・アンプのオン・マイクの定番マイクのひとつであるSM57と並べて収音。プレイヤーは「SM57と比べてSR20の音をフラット」とコメントしています。こちらではクリーン・トーンと歪みのトーンをそれぞれお聴きいただけます。お聴きの通りSR20は低域から高域までバランス良くアンプのトーンを捉えています。欠落している帯域がありません。そのため、ギタリストがギター、エフェクト、アンプを駆使して作った自分の音がそのままに録れます。

アコースティク・ギター

記事ではギタリストの「いつも自分が聴いている音とまったく同じイメージの音が録れる。」とのコメントが印象的です。SR20では1本のマイクでボディの鳴りからプレイのタッチまでバランス良く、自然に録れることが特徴です。1本でバランス良く録れるということは、複数のマイクを使って収音する場合の位相問題が無いことも嬉しいところです。

こちらでは、ストローク(カッティング)とアルペジオをオン・マイク、オフ・マイクの2パターンで録音したファイルをお聴きいただけます。

オン・マイクではサウンド・ホールから30cm程度の距離に、オフ・マイクでは1m程度の距離にセットしています。

オン・マイク
オン・マイク
オフ・マイク
オフ・マイク

 

ストローク

 

アルペジオ

SR20はアーティストがコメントする通り、そして、お聴きいただいたとおり、自分がプレイした音、自分が聴いている音とまったく同じに録れるマイクです。ドラムにもギターにも、そして歌にも使えるこの1本。次のレコーディングはSR20で録ってみてはいかがでしょうか?

音源提供: DiGiRECO


Earthworks SR20について詳しくはこちら

坂本龍一氏をはじめ多彩なアーティストのライブ・レコーディングにSR20を愛用するエンジニア間瀬哲史さんによるセミナーのレポート。こちらでもEarthworks マイクで録ったドラム、ピアノなどをお聴きいただけます。合わせてお楽しみください。セミナー・レポートはこちら


14 6月 11

チャールズ・チェン博士とLauten Audioがマイク・カプセルに関しての新特許を取得


チャールズ・チェン博士とLauten Audioがマイク・カプセルに関しての新特許を取得しました。コンデンサーマイクのカプセルから、直接バランス信号を出力することが可能というのです。

Lauten Audioとチャールズ・チェン博士達はマイクのカプセルバイアスに関する新特許を取得しました。マイクカプセルの回路に変圧器や位相反転器を用いずに直接的にバランス信号を出力できる”ダブル・バイアス回路”に関する新技術です。

チェン博士曰く、”いわゆる従来のバイアス回路では、一つのカプセルから一つの信号しか得ることができません。ゆえに、その一つの信号から二つのバランス信号を取り出すには、変圧器もしくは位相反転器を用いていました。
しかし、特に位相反転器を用いた場合、ダイナミックレンジが制限されてしまうというデメリットが付きまとっていました。

チェン博士が開発した”ダブル・バイアス回路”は、カプセルから直接バランス信号の出力を可能にします。つまり、変圧器や位相反転器のたぐいをまったく必要としないのです。
前述のとおり、位相反転器を回路の間に挟むことはディストーションやクリッピングを誘発し、結果ダイナミックレンジの縮小といった問題につながります。

チェン博士の新発明はその問題を一挙に解決し、Lauten Audioはその技術をこれからのコンデンサーマイクに取り入れ、より素晴らしいマイクの開発を推し進めていくこと間違いありません。

2011年6月6日カリフォルニア・サンノゼにて。

原文リンク


03 3月 11

Lauten Audio Clarion、『Pro Audio Review』マイク特集の「My Number-One Choice」に。


世界中のプロオーディオ関係者に愛読されている『Pro Audio Review』誌2011年2月号に「ラージ・ダイアフラム・コンデンサー・セッション・トライアルPart 2」と題する特集が掲載されていました。

今回の評価の対象となったのは、下記の5本。

それぞれ、ドラム、ギターと順を追って実際に録音した模様をレポートしていますが、Lauten Audio Clarionは下記のような評価を得ていました。

  • ドラムキット

最も明瞭で、量感と全体的な滑らかさを感じさせたのは、Clarionだ。キックで欲しいところを拾ってくれ、個人的にはナンバー・ワンの選択となった。

  • ギター

ピュアなアンプそのもののクリーンで正確な音。

  • 男声ボーカル

先に述べた明瞭さと滑らかさにより、Lauten Clarionが最終的に選ばれた。特に気に入ったのは、中音域の量感がたっぷりとしていて、ダイナミクスがつぶれず、サ行、吹かれなどが気にならない点だ。

  • アコースティック楽器

最も深く、伸びのある低音域。最もクリーンな高音域。そして原音に忠実なダイナミクスを捉えている。

  • 結論

全体的に、Lauten Audio Clarionが最もダイナミックで、クリーンで、透明だった。クラシック、アコースティック楽器の収録など透明さが必要な場面では、私のナンバーワン・チョイスとなった。堅牢な作り、素晴らしいショック・マウントなど充実した付属品も含めて、とても費用対効果が高い。

この『Pro Audio Review』、Emaiアドレスなどを登録すれば無償でオンライン購読できるので、興味のある方はぜひご覧になってみてください。

Pro Audio Review (原文リンク)
http://www.nxtbook.com/nxtbooks/newbay/par_201102/index.php#/0

Lauten Audio Clarion FC-357(ピアノ、ドラム、声などの録音例サンプルをお聴きいただけます)
http://second.minet.jp/lautenaudio/clarion


02 11月 10

「オーシャンズ11 & 12」サントラ参加キーボディスト、スコット・キンゼイが惚れ込む、Lauten Audioマイクロフォン


おはようございます、スタッフOKです。

Lauten Audioウェブサイトにて掲載中の、ワールドワイドに活躍するキーボディスト、スコット・キンゼイが近日リリース予定のアルバムで使用した、Horizon、Oceanusについてのコメントをご紹介します。

Tribal Tech、Kurt Rosenwinkelといった先鋭的なジャズ・シーン、『オーシャンズ11 & 12』などの映画音楽で活躍する彼がLauten Audioに惚れ込む理由とは?

—–

自身のバンド、Scott Kinsey GroupそしてJimmy Herring Bandなどで世界中をツアーするスコット・キンゼイ。個人名義のソロアルバム「Human Element」、さらにTribal Techの新譜も準備中と、多忙を極める彼がこれらのアルバムに共通して使用している機材の一つが、Lauten Audioのマイクロフォン、HorizonとOceanusだ。

「新しく手に入れたこの二つのマイクは、僕のレコーディングを全く新しいレベルに引き上げてくれたよ。ドラム、ボーカル、サックスと、レコーディングで一番に使う素晴らしいマイクだ。他にはないユニークなキャラクターを持ったサウンドで、スタジオ作業でのクオリティ向上に大いに貢献してくれた。大好きなマイクさ!!」

原文リンク

—–

Scott Kinseyオフィシャルウェブサイト
http://www.scottkinsey.com/

Lauten Audio製品情報:

LT-321 Horizon
http://second.minet.jp/lautenaudio/horizon

LT-381 Oceanus
http://second.minet.jp/lautenaudio/oceanus


30 9月 10

Luten Audio Clarionマイクロフォンが英国Musictech誌で高評価のレビュー!


おはようございます、スタッフOKです。

先日より、SM Pro Audioのアイソレーション・パネル Mic Thing V2が付属するキャンペーンを実施中のLauten Audioマイクロフォン・シリーズ。中でもClarionは、価格もシリーズ中もっともお求めやすく、ファンタム電源で駆動が可能なFETタイプ、そしてドラム、ギター、ボーカルをはじめ、様々な素材に対応する偏りのないしっかりとしたキャラクターを備えています。

そんなClarionが、先日英国Musictech誌レビューにおいて、10点満点中9点という非常に高い評価得ました。下記記事抜粋を掲載します。

「こう鳴って欲しいと思える音が聞こえてくる」というのは、マイクにおいてとても重要なファクターではないでしょうか。

“まずアコースティック・ギターで試してみた。フェーダーを上げた瞬間、まさにギターそのものの音、もしくは「ギターはこう鳴って欲しい」と思える音が聞こえてきた。パワーがあり、暖かく、スムーズかつ親密な音で、トップエンドに倍音の香りも感じる。男声、女声ボーカルでも、ビッグで明瞭ながら子音が気にならないサウンドに驚かされた。

この、嫌な音が緩和される傾向はエレキ・ギターでも同じで、ラージ・カプセルのコンデンサー・マイクにありがちな耳障りな中高域に悩まされることがなかった。過去のFET名機をポピュラーにした「何に使ってもすぐに使える音になる」という特徴は、Clarionでも健在だ。率直にいって、Clarionには嫌う理由がひとつも見つからない。本気でお勧めする。Score:9点(10点満点中)”

– Huw Price, Music Tech Magazine

Lauten Audio / Clarion 製品情報
http://second.minet.jp/lautenaudio/clarion


08 8月 09

Lauten Audioマイク発売開始!!


おはようございます、スタッフOKです。

メディア・インテグレーションでは、8月6日よりLauten Audioマイク製品の国内販売を開始致しました!

ラインナップは下記の4つ。既存の定番マイクのコピーではない、ユニークかつ演奏・音源を忠実にとらえることを目的とし、Lauten Audioでカプセル設計、品質管理を行っている完全オリジナルのマイクです。

clarion

FC-357 Clarion: FETコンデンサー

horizon

LT-321 Horizon: 真空管コンデンサー

torch

ST-221 Torch: 真空管コンデンサー(ペア)

LT-381 Oceanus: 真空管コンデンサー

LT-381 Oceanus: 真空管コンデンサー

日本語製品ページでは、各マイクを使ったレコーディングデモ、製品詳細、そして展示販売店一覧もご案内中です。ぜひ店頭で実際に手に取って、(可能であれば)ご試聴いただければ幸いですっ。

Lauten Audio日本語製品ページ
http://second.minet.jp/lautenaudio/


Search

ブログ内を検索
2021年10月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031