Media Integration, Inc. Staff Blog

Staff Blog!

24 7月 14

スタッフルーム:チート系プラグイン?


スタッフHです。

先日リリースされたNugen Audioの新しいEQ、SEQ-S。Nugen Audioといえばラウドネスメーターで一躍有名になったブランドで、それ以外にもブロードキャストクオリティにも対応する非常に高品位な処理ができる製品をリリースしているブランドです。

このSEQ-S。普通のEQともっとも異なる点が「他のソースの特性を解析して、EQカーブを自動生成する」ということ。ここまでの機能(解析+自動カーブ生成)は、実はこれまでも他のブランドから同じようなものがリリースされており、リニアフェイズ処理ができる事やリアルタイムアナライザーを備えている事を加味しても、「まったく新しい」とは言い切れません。

とはいえ、いくつかのソースで試してみたのですが「もの凄い精度でEQカーブが生成される」という感動があった事は本当です。今日の記事ではSEQ-Sがメインではないため、ここは別の機会に改める事にします。具体的に例を挙げると、

  • 「○○風」のEQプリセットを使ったのに、全然それらしい雰囲気に仕上がったためしがない
  • 同じセッティング、同じマイクで同一の質感を狙ってレコーディングしてきたのに、あるワンテイクだけ質感が違っていてミックスに困っている
  • お気に入りのアーティストのレコードで、シンセベースがソロになった瞬間の「質感」を自分のシンセベーストラックに加味したい

さてさて。SEQ-Sがものすごいのはもう1つの機能である「Invert」を備えていること。この機能の使いどころを具体的に挙げると、

  • キックのサウンドは気に入っている。ここに絡むベースラインのEQ処理を「キックサウンドを殺さないように」仕上げたい
  • 中域に集まっているギターやエレピ、シンセなどのEQ処理に困っている。ボーカルを邪魔しないようなEQカーブに仕上げられない
  • そもそもEQが苦手。勉強をしながら参考書のようにEQカーブを示してくれるものがあったら良いのに

こんなところでしょうか。もちろん、シンプルでハイクオリティなEQである事も大前提です。


このSEQ-S。公開直後にはじつに様々な反応がありました。「そんなのずるい、経験がなくても、誰でもイイEQが作れるじゃないか(それはそれで良いことだと思いますけどね)」とか「自分はそこそこ経験があるつもりだけど、これは素晴らしい。クオリティアップと時間短縮が一気に手に入る」とか。


…様々な反応を見ていたときに、過去にもこういった両極端の反応を頂いた製品があったなぁと思い出しました。ボーカルオートメーション(手コンプ)を自動でやってしまうという、WAVESのVocal Riderです。

ボーカルオートメーションは経験ある熟練のエンジニアのトップテクニックでした(今でもそうだと思います)。通常のコンプで潰してしまってはニュアンスが失われるところを、リアルタイムでフェーダーを動かしながら「埋もれない」ボーカル仕上げをするテクニック。Vocal Riderはボーカル以外のソースをキー・インに入れることで、オケとボーカルを監視しながら「埋もれない」ボーカルオートメーションを自動で書いてくれるプラグインなのです。

さすがにVocal Riderを第一線で活躍するエンジニアさん達にご紹介するのは気が進みませんでしたが、私自身の好奇心もあってとあるエンジニアさんにご紹介してみたのです。お名前は出せませんが、音楽漬けの毎日である、一級のエンジニアさんです。

最初の反応はこうでした。

「え?こんなこと自動でやっちゃうの?これはマズいねぇ。エンジニア泣かせだよ。これを使って仕事をする事には…すこし抵抗があるね」

やはりそうか、と思いました。場の空気が悪くならなかった事だけが幸いでしたが、良いコメントが得られなかったな、という残念感がありました。…ところが、それから10分も触っていたでしょうか。エンジニアさんからの意外な一言で、一気に形成が逆転します。

「ああ、スタッフHくん。これは大きな勘違いだったかもしれない。Vocal Rider、すごくいいプラグインだよ。」

この10分のテストで何が変わったのか、まだ私には分かりませんでした。続けてエンジニアさんは

「Vocal Riderは、『完璧じゃない』ところがいい。例えば今テストしているこの曲は、愛について歌っている曲で、歌詞でもそれについて書かれている。だからこの聞かせたい歌詞について、僕がオートメーションを書くならもっとこの部分を強調して(フェーダーで突いて)書くだろう。でもVocal Riderは歌詞の意味まで分かっているわけじゃない。あくまでオーディオのレベルでオートメーションを書いているものだよね?」

確かにそうです。

「エンジニア達がやっているオートメーション作業の80%は、Vocal Riderだけで同等のオートメーションが作成できると思う。残る20%は、耳で歌詞の意味や表現したいところをチェックしながら、Vocal Riderが書いたオートメーションを手直しするだけでOKだね」


まさにこのコメントの「最後は耳で」がキモなのだなと感じました。

プラグインは非常に便利で、ハイクオリティのものが揃っていますが、楽曲そのものや歌詞、表現したい世界までを理解してくれるわけではありません。「これはベース用のプリセット」というものをロードしても、その音が曲に合っているか、適切なところをブースト/カットしているかは、耳でイイところを判断する経験を積むべきなのです。

とはいえこのVocal Riderも、冒頭でご紹介したNugen AudioのSEQ-Sも、大幅な時間短縮と、経験を踏み出す第一歩のお手伝いをしてくれる事はたしかです。どんなプラグインやハードウェアを使っても、やはり最後は耳で判断できるようになりたいですね。

Nugen Audio – SEQ-Sについて詳しく>>

WAVES – Vocal Riderについて詳しく>>


スタッフH

MIセールスマネージャー。休日はベースを弾くホリデーミュージシャン。最近ちょっとだけいいカメラを買いました。自他バンドの風景を撮影したり、ムービーを撮影してFinalCutProXで処理(もちろん、AUプラグインで音作りも!)の一連の作業が楽しくて仕方ありません。


26 6月 14

小川文明さん


スタッフHです。

今日はすこしだけ、製品の事ではないブログです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、キーボーディスト・作編曲家の小川文明さんが6/25にお亡くなりになりました。53歳という若さでした。


今から7〜8年ほど前、私たちの社内スタジオでキーボードマガジン連動セミナーという好評のイベントがありました。このイベントは高山博さんが講師となり、さまざまなソフトウェア音源、ハードウェア音源を使って、それぞれの良さ・特徴を解説するというセミナーで、数ヶ月に一度のペースで実施されたもの。何度目かのセミナーの企画中に、高山さんが

「次回はピアノ音源だから、プレイヤーがいたほうがきっと楽しいよね。小川くんを呼ぼう」

と仰って、それ以来「高山さん&文明さんコンビ」のセミナーとなったのです。お二人は学生時代からのご友人。そこで私は初めて文明さんにお会いしました。ステージと変わらないセンス溢れる衣装。サイケなジャケットを着たときも、ただのTシャツ一枚のときですら、格好よさが溢れてくる方でした。


高山さんと文明さんのコンビのセミナーは、それ以前にも増して人気のセミナーになりました。何よりお二人の会話のテンポがよく、さらにお二人ともに「歩く音楽辞書」な訳ですから、これが楽しくない訳がありません。勉強になったうえに、ちょっと笑いどころがある。本ブログをご覧頂いているみなさまなら、絶対に誰でも楽しめるものなのです。

「どうしてこんな変態な楽器が生まれたか」

「冷静に考えて、このチープさっておかしいよね?でも理由がある」

「今でこそこういう評価があるこの楽器だけど、あの頃はみんなこの音をこんな演奏に使ったんやで」

「今でこそどんなシンセにもプリセットで入ってるこの音は、もともとこうやって作っていたのよ」

文明さんはアドリブプレイの達人でもありました。どんな音がロードされているかも伝えなくても、鍵盤をパッと抑えてみて「あー、なるほど。こんな音か…」と言った次の瞬間には、その音がベストに映えるプレイをするのです。

セミナーのリハーサルをしていると、色々な音色を順番に試しながら「あ、エエ音やなぁ」と言ってしばらく演奏に没頭する文明さん。そのうち気分が乗ってきて、鍵盤だけでなく歌まで歌い始めるなんてシーンがたくさんありました。隣でニヤリと高山さんが笑って「そのフレーズってアレっぽいね」なんていうと、「いや、高山さんが言ってるのはコッチのほうやろ」といって奇麗なブリッジを挟んで別の曲を演奏し始めます。


文明さんからご相談を頂いて、いくつかのソフトウェア音源をご紹介した事もありました。ビンテージの鍵盤をたくさんお持ちの文明さんでしたが、ソフトも少し試してみたいと仰っていた頃です。そのときも鍵盤を弾いては「このピアノ、エエ音や〜」といくつもの製品を試されていました。

あの「エエ音やなぁ」と言って演奏に没頭してしまう、文明さんの嬉しそうな笑顔が、私の何よりの糧です。心からご冥福をお祈りいたします。


09 6月 14

スタッフルーム:そのメーカーの「一番安価」なマイクで


スタッフHです。

近年、プラグインの低価格化が進み、一級のエンジニアさんから私のような素人まで、プラグインなら誰しもが「同じもの」を使って制作できるような環境が整いつつあります。もちろん経験値の違いが音の違いに直結するので、たとえ同じものを使っていたとしても、決して同じサウンドには仕上がりません。この辺がミックスの楽しさであり、奥深さでもあるでしょう。

一方でマイクやスピーカーなどのハードウェアは、安価なものから非常に高価なものまで、さまざまな価格帯で発売されています。それぞれのメーカーの最高額の機種は、高価なパーツを使っていたり、とてつもないスペックを持っていたり、その機種でしかできない機能があったりと、高額である理由があります。

私はそのメーカーの「もっとも安価なモデル」に注目してしまうクセがあります。理由は「そのメーカーの特色が分かるから」。安価だけにどこか手を抜いただけの商品ではないか、”使える”モノかどうか。メーカーの名前を付けてリリースする以上、どこまでのコストダウンを許容しているのか。

安価な製品があまりイケてないブランドは、高価なものもさほどイケてない、というのが勝手な持論です(高額なものをすぐに買えないという予算の問題が一番ですが・笑)。

さて、という事で前回ポストで少しだけご紹介した私たちのマイクブランド、Lewitt。この中でレコーディング用のコンデンサーマイクの一番安いモデルであるLCT240を自分用に購入したのです。


第一印象は、安価なモデルにありがちな外装の安っぽさがなかったこと。手のひらサイズほどの大きさしかないのに(大きさ比較については、前回のポストをご覧ください)、およそ300グラム。

これを使って、アコースティックギターとボーカルのシンプルなレコーディングを実施してみました。1:30秒のビデオでどうぞ。

本セッションのマイクプリアンプには、Metric HaloのULN-2を使用。レコーディングは96kHzにて行いました。EQやコンプなどは一切使わず、DAW標準のリバーブ、マスターにピークリミッティングのみ(音圧を出す目的ではなく)でリミッターを使用しました。一般的な賃貸マンションでのレコーディングだったため、ローエンドのノイズ(マイクスタンドの振動からくるものなど)をカットするために、マスターチャンネルにて40Hz以下をフィルタリングしています(近所で工事やってるんですよね…)。

・スモールダイアフラム

LCT240のダイアフラムは2/3インチ。同社では他にも同様のマイクがありますが、全て1インチ。このモデルだけが2/3インチなのです。豊かな低域の再現度という観点でいえば、他のモデルのほうに軍配があがります。しかしスモールダイアフラムならではの歯切れの良さ、スピード感と相まって、LCT240はLewittの中でも異彩を放つ存在のように思えます

・セッティングと、耐圧

2/3インチのダイアフラム、豊かな低域は1インチに劣りますが、ここを少しでも補うようにギター/ボーカルにはかなり近めのセッティングにしました。スタジオのようなルームチューニングをしていない部屋なので、近めのセッティングは部屋の反射音も抑えられます。

オートアッテネーションモードの時には、Lewittロゴが赤く光ります

近くにセッティングすることで気になるのはマイク本体の耐圧ですが、LCT240は標準で146dbもの耐圧、本体のパッドを噛ますと最大で166db(!)もの耐圧性能を誇ります。ギターやボーカルのみならず、大きな音量の楽器にも安心して使用することができます。「この楽器にはパッドを噛ませたほうがいいかな…?」という判断ができなくても大丈夫。Lewittのマイクには自動でアッテネーター(パッド)を噛ませるべきかどうかを検知してくれるモードも搭載。この辺はまた改めてご紹介できればと思います。

・低域は分かったけど、高域は?

LCT240の周波数レンジは、20Hzから20kHz。では20kHz以上はすっぱり無くなるかというと、もちろんそんな事はありません。ビデオ中も何度か映像が登場しますが、40kHzまでのアナライザーを使って表示をしていると、20kHzからなだらかなカーブを描きつつも、30〜40kHzにもこれだけの情報を抑えています。


Lewittのマイクに注目してくださる方の中で、もっと豊かな低域も欲しい、という方なら、LCT540や640、あるいはこれから発売となる真空管マイクのLCT840/940もチェックしてみてもらえれば、と思います。

私はもうこのLCT240が可愛くて仕方がないので、ギターアンプやドラムのトップ、スネア、パーカッション系はもちろん、最近練習している三味線や二胡などの民族楽器にも試してみたくなりました。

LEWITT LCTシリーズ総合ページへのリンク>>


スタッフH

MIセールスマネージャー。休日はベースを弾くホリデーミュージシャン。コンパクトエフェクターが大好き。先日六本木のEX-シアターで行われたラウドネスのライブに行ってきました。最近「Let it Go」といえば誰もが口ずさむあの曲がありますが、私の世代でLet it Goといったら、やっぱりラウドネスのほうです(ライブでも演ってましたよ!)。


04 6月 14

スタッフルーム:Lewitt LCT240


スタッフHです。

私たちメディア・インテグレーションのスタッフの多くは、それぞれ楽器演奏が好きな者、趣味で作曲をする者、録音やミックスが好きな者とそれぞれ趣味嗜好があります。もちろん聞く事は全員が大好き。そのため、それぞれが個人的にいろいろな楽器を買ったり、機材を買ったりして、週末を楽しんでいます。自社の製品も大好きなので、プライベートで使用したいのであれば、それぞれ購入して使います。


私も先日、自社製品の中で新しいものを1つ購入しました。新規に取り扱いを開始したLewittというマイクロフォンブランドの中から、コンデンサーマイクの最も安価なモデル、LCT240です。

私はハードウェアメーカーの「最も安価なモデル」に注目してしまうクセがあります。そのメーカーの製品で「最も高価なモデル」はもちろん最高であろうと思うのですが、「最も安価なモデル」がどれくらいの完成度であるか、手を抜いただけの粗悪品ではないか、何よりも「使える製品かどうか」(もちろん、すぐさま最高額の機種を買える予算がないというのも理由ですが!)。同様の理由で、Lauten AudioのClarionも購入しました。

LCT240を購入した理由は「もっと手軽に持ち歩きできて、いつでもちょっといいクオリティでレコーディングできるようなマイクが欲しかった」から。2/3インチのダイアフラムであるLCT240は、実際このくらいの大きさなのです。

** LCT240は中央、右はLauten AudioのClarion。左は大きさ比較のBOSSコンパクトエフェクター


LCT240は、Lewittのレコーディング向けコンデンサーマイクの中では最も安価なモデルで、34,800円にて販売しています。外装はオールメタルで、安価なモデルにありがちな安っぽさもありません。手にもったときも満足感のある重量で、私が好きな「小っこいのにパワフル」な印象。

主に録りたいのは、アコースティックギターと女性ボーカル。次回は、「一級の環境ではないところでLCT240を実践投入」してみようと思います。例えば自宅など。


スタッフH

MIセールスマネージャー。休日はベースを弾くホリデーミュージシャン。コンパクトエフェクターが大好き。押し入れに入りきらなくなったギターとベース、民族楽器の収納に頭を悩ませています。


Search

ブログ内を検索
2021年10月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031