autumn leave's

仁張 陽介

17 May 10

ULN-8 レビューpart2 MIO Console ミキサーについて

Metric Haloの製品を使ってて一番いいなと思う部分が、Mio Consoleのミキサー機能です。


その名の通り、ミキサーなんですが非常に拡張性が高いです。


超簡単に言いいますと各アナログアウトに、全てのアナログインプット、及び、全てのDAWのパラアウトが「個別に」操作できるミキサーが付いているような感じです。「個別に」ってところが凄いんです!ボリュームもpanもエフェクトも、位相反転までも別々に操作可能です。

例えば、

ミックス中にDAWのアウト1-2から出ているものをMIO Console上でエフェクトした音と、素の音をブレンドしたりすることが可能です。

ボーカルへの返しには、MIO Console上でコンプとEQをかけつつも、録音データ自体は素の音で録音することも可能です。

send機能だってあります。もちろんサミングミキサーとしての利用も朝飯前です。

全パラメーターを保存可能で、トータルリコール可能です。

と、きりがないですが、まさかこんなことまで、、、なんてこともさら〜っとやってのけてしまいます。

やれないことを考えることの方が大変です 笑

この構造を理解するのに最初は少々慣れが必要でしたが、非常に便利で快適です。

また、このミキサーは、なんと80bitで処理されてるそうです!ここで混ぜるとクリアで分離の良い音がします。

こんな機能がMetric Halo全製品のMIO Console共通ってのがまた凄いです。

今回はMIO Consoleのミキサー機能についてでしたが、次回はエフェクト等その他の部分についても述べたいと思います。

Profile

プロフィール

HOUSE/DANCEミュージック・シーンのユニット「autumn leave’s (オータムリーブス)」のメンバー。

プロフィール全文を読む

Search

ブログ内を検索
2018年2月
« Aug    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728