autumn leave's

仁張 陽介

18 Apr 10

ULN-8 実践投入へ

昨日はとあるプロジェクトのrecがありまして、早速ですがULN-8をスタジオに持ち込んでみました。

エンジニアの方々も興味津々のご様子。

そして、いざ実践投入してみましたが、他のI/Oと比べてもULN-8のAD部分は解像度高いし生々しく音に芯がある印象です。

今回ギターを弾いてもらったギタリストのo-chanも「こっちの方が音が太いですね!」と言ってました。

おかげでいいテイクが録れました!

ちなみに今回はULN-8をクロックマスターにしてAESで192I/Oと同期させる形をとりました。

写真はシンクシンクインテグラルさんのスタジオにて。


3件のコメント

  1. おお!また坂詰美紗子さんのアレンジの仕事やらせてもらってるんですね!?プロデューサーは伊藤さんですか?頑張って下さいね!

    最近、ずっと連絡無かったですが、元気でしたか?こないだもautumn leave’sのみんなで集まったけれど、みんなで心配してましたよ。

    ULN-8のAD良かったですね。前に仁張さんに紹介した2882、ずっと使ってくれてたんですね。ずっと使えるのはMetric Haloの良い所ですねぇ。僕も未だに使っていますけど、音の傾向は似てますね。さらにULN-8の方が、レンジが伸びてかなり高解像度になりましたね。また5年は使えそう。頼もしいですね。

    感想にあった、「解像度高いし生々しく音に芯がある印象」という部分、僕も「解像度高く生々しい」という部分は同意見です。その鮮度のある感じが、特に生楽器には最高で、ずっと手放せない音ですね。

    ただ、「音の芯がある」という点は、僕は逆の意見です。僕は最近、metric halo 意外に、Aopgee、Crane Song、Prism、Lavryも使っていますが、metric haloは、音の芯は、逆に甘いです。音の芯が甘いのに、ワイドで高解像度、音楽的な鮮度のある音になる部分が、僕は気に入っています。同傾向のコンバーターとして、Mytek Diginalも非常に良いです。音の芯が欲しい時は、やはりもう少しハイグレードの業務用のコンバーターを使った方が良いと感じます。

    192I/Oも、クロックをしっかりすれば、もっと芯のある、奥行きのある音が出て来ます。ULN-8のクロックは、どうかな?ちょっとジャリっとして、ちょっと精度が甘くないですか?

    そういった効果を狙うのであれば良いけれど、Digiのクロックもそれなりに精度高いし、ULN-8のクロックをマスターにしても、音が良くなる訳ではないと思います。やるのであれば、ルビジウムクロックにした方が良いと思いますよ。

    それから、音の太さに関しては、ULN-8は、本当に音が音楽的に良い状態で太くなるので、素晴らしいと思います。

    打ち込みのアレンジは大変だと思うけど、体壊さない様に頑張って下さいね。ではでは。

    コメント by 阿藤 — 2010年4月19日 @ 8:53 PM

  2. 阿藤さん

    お書きになられました長文コメントですが、
    結果的にULN-8の、ネガティブキャンペーンの様に
    なってしまっている事にお気付きでしょうか?
    そもそも、仁張さんのお仲間であるならば、
    直接本人にメールすれば良い内容かとも思います。

    >芯が無い
    貴方様がお関わりになられた作品を拝聴しました所、
    あぁなる程と感じました。
    私は逆に、芯は十二分にあると感じます。
    要するに、性能の違いでは無く、感性の違いです。

    >クロックが甘い
    >ちょっと精度が甘くないですか
    ULN-8本体の価格を大きく超える様なクロック専用機と比べた
    わかり切った意見を、わざわざこの欄で述べる意味があるのでしょうか?

    今後、機材評価やうんちくを、公の場でなされる際は
    抽象表現を可能な限り避け、技術的な比較データを添えた上で
    お話しをなされる事をオススメします。

    以上、年月が経ており
    届かぬメッセージかとは思いましたが、
    僭越ながらコメントをさせて頂きました。

    コメント by お耳 — 2013年11月11日 @ 4:07 PM

  3. nine

    コメント by http://www.awvfts.com/hat3.htm — 2015年2月24日 @ 8:46 PM


コメントをどうぞ

Profile

プロフィール

HOUSE/DANCEミュージック・シーンのユニット「autumn leave’s (オータムリーブス)」のメンバー。

プロフィール全文を読む

Search

ブログ内を検索
2018年9月
« Aug    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930