Sound Recording & Mixing Engineer

Jun Tendo

13 Apr 10

Eddie Kramer - PIE Compressor

今回は前回のHLS Channelに引き続きWAVESから発売されたばかりの Eddie Kramer PIE Compressor に関してです。

PIE Compressor と HLS Channel に関しては Waves Inside Tracks: HLS Channel&PIE Compressor 開発者インタビュー で興味深い開発中のエピソードなどを読む事が出来るのはとてもタイムリーな感じです。インタビューを読んでからは尚更PIEとHLSに愛着が湧いてくる感じがしました。なにせEddie Kramerが出音をきちんと確認してくれているのだから、今までのように設計開発者がデジタル・プログラマーの腕と動作的理論値だけでPlug-Insを完成させたのとは訳が違うという事です。

私が書く内容は今回も実際に使用した中での印象などを具体的に書かせていただきます。

出音に関して言葉を羅列するより解りやすいところで、AmpliTube3を使用したデモ・セッションのミキシングに PIE Compressor を追加して、どのようにサウンドが変化したのかを聴いてもらいながら、PIE Compressor のありがたき部分などもいくつか記述します。

まず、PIEはHLS同様に、実機のもつS/Nまでも大切に愛情を持ってモデリングされていて、PIE Compressorでもオーディオ上に機材のS/Nが加算されています。でも、オリンピック・スタジオで作業すれば必ずつきまとうサウンドなので、この際そんな事は気にしていませんでした。S/N部分が気になる人は、ANALOGというスイッチをOFFにすればS/Nからは解放されるので、完全デジタル志向ノイズ・レスでトラック・メイキングしたい人にはOFFという選択肢が用意されている辺りはWAVESらしい感じです。

音色変化などの参考用に「オリジナル」「AmpliTube3のみ」「AmpliTube3+PIE Compressor」という状態のMP3を参考にしてみて下さい。

【ベース / オリジナル】


【ベース / AmpliTube3のみ使用】


【ベース / AmpliTube3+PIE Compressorを使用】


ベースで使用したPIEのパラメーター

ベースで使用したPIEのパラメーター



【ドラムス / オリジナル】


【ドラムス / PIE Compressorを使用】


ドラムスで使用したPIEのパラメーター

ドラムスで使用したPIEのパラメーター



【エレピ / オリジナル】


【エレピ / AmpliTube3のみ使用】


【エレピ / AmpliTube3+PIE Compressorを使用】


エレピで使用したPIEのパラメーター

エレピで使用したPIEのパラメーター



【ギター / オリジナル】


【ギター / AmpliTube3のみ使用】


【ギター / AmpliTube3+PIE Compressorを使用】


ギターで使用したPIEのパラメーター

ギターで使用したPIEのパラメーター



それぞれのトラックはCompressorの質感を誇張せず、あくまでもミックス素材としての処理にしたためそれほど強いCompressionは掛けてありませんが、PIE Compressorを経由したあとの中域はデジタル特有の細さが無くなり、質感共々アナログ回路を経由した感じになるため、Compressionを掛けなくても通すだけで使えるPlug-Insと感じました。これはAbbey Road Plug-Insにも通ずるトレンドだと勝手に解釈してます。

それで、これらの処理された素材を使ってミックスした物が以下のような感じになりました。

【楽器関連はAmpliTube3のみ使用、他のEQやCompressorは未使用】


【楽器関連はAmpliTube3+PIE Compressorのみ使用、他のEQやCompressorは未使用】


AmpliTube3 のリアルなトーンと、Eddie Kramer PIE Compressor が持ち合わせているアナログ機器そのもののサウンドのお陰で、ProToolsのデジタル臭い中域が Studer A800 で作業しているように充実するため、Media Integration様からデモ版を使用させてもらってからというもの、ミックス途中にどのトラックにもPIE Compressorで若干のCompressionとアナログ機器特有の中域の粘りと倍音を加味したくなり、そうする事によってコンプあとのEQの増減があまり必要なくなるあたりはPIE Compressorのモデリング元になっているPYE Compressorのキャラクターあっての感じです。マスターに使用してもバスでもトラックでも、各々の使い道で各々の対応しやすい機種として、色々な場面で活躍してくれそうです。

特にリリース・タイムを絶妙に調整してゆくと、楽器のリリース自体もコントロール出来ているような感触になり、アタックもソフト〜ハード・ニーまで、入力されるソースのキャラクターに対して自然な反応を示してくれるため、バリバリのデジタル系コンプレッサーで音色が変化せず、単なるレベリング機能だけの理論値どうりに動作するコンプレッサーとは違い「こういう機種を望んでいた」通りになってくれた感じです。

コンプレッションに対応してOUTPUTをある程度あげてゆくとサウンドにドライブ感が増えてくるので、線が細いと感じたトラックにはOUTPUTを上げめにしてコンプレッションを掛ける事により、より太さが増した中域となってくるため、生楽器だけではなくSynthesizerを多用する際にもPIE Compressorの回路を経由させる手法は使えそうでした。

そんな感じで2回に渡って掲載してきた Eddie Kramer 関連のPlug-Ins、モデリングの技術革新とコンピューターのCPUパワー・アップの恩恵でDAWなどのオペレーション・システムでも十分アナログ的要素が出せるため、そろそろハイ・リスクを伴う超高額で希少性の高いビンテージ機種に固執しなくても良いかも・・・と思えました。

28 Mar 10

Eddie Kramer - HLS Channel

WAVESからリリースされたばかりのPlug-Insで、Eddie Kramerが監修で参加している HLS Channel / PIE Compressor をMedia Integration様のご厚意により試用させてもらいました。今回の投稿ではHLS Channel(H/AとEqualizerユニット)の方をとりあげます。

この2種類は既にリリースされているSignature Seriesの The Eddie Kramer Collection はEddie Kramerの方針で各楽器に対して処理するプロセスを対象音源毎にひとまとめにした物ですが、それとは異なり、WAVESのページでも説明書きがあるように、ロンドンのオリンピック・スタジオに導入されていたHelios Mixing Consoleのモジュール部分をEddie Kramer監修の元、忠実にモデリングされたPlug-Insとなっていて、Abbey Road Plug-Ins同様にユーザー・インターフェースのデザインも音処理の質感同様に現物そのまま・・・という志向になっているところがたまりません。

因みにWAVESのページにも記載がありますが、オリンピック・スタジオではBeatlesが1967年に「Baby You’re A Rich Man」のレコーディング・セッションで使われたり、Jimi Hendrix、Led Zeppelin など錚々たるミュージシャンのレコーディングで、Eddie Kramer自身が参加した事でも記憶に残るスタジオになっていて、Helios Mixing Consoleでセッションを行っていたEddie Kramerが監修という事で、なんともありがたい事になっています。

Jimi Hendrixの新譜として未発表音源がリリースされましたが、こちらの方もHLS ChannelとPIE Compressorが駆使されたのかな?・・・逆にこのMixingの為にWAVESで開発したのかな?・・・と思える時期のリリースとなった事は単なる偶然ではないような気もしています。

まずはユーザー・インターフェースのデザインですが、メーターやフェーダー付近の腐食までもデザインに採り入れられたFender Custom Shopと同類のデザインがイイです。

Eddie Kramer HLS Channel

Eddie Kramer HLS Channel



そしてサウンドの方ですが、Abbey Road Plug-Ins同様に、通すだけでOKな感じがします。楽器の実音と倍音に対して、Heliosのモジュールがどのように反応するかも忠実にモデリングされているため、最近のトレンドになりつつあるPlug-Insの作りになっていて、このあたりは私にとって一番ありがたい部分でもあります。

EQのポイントは API 550A 同様に、限定された周波数に対する増減ですが、私の場合は細かく周波数をスライドさせて効くポイントを探すよりも、このように固定ポイントで必要なところだけイコライジングするタイプの方がサクサクと作業できるので好んで使っています。

BASSに関してはブーストかカットのどちらか一方しか操作できないため、その部分だけはちょっと使いづらい感じですが、BASSの各周波数でブーストした感じがHeliosの特徴なのか、もたつくことなくブーミーにもならず、どんどん太くなってくるので、PULTECのEQP-1A3同様にありがたいBASSのEQな感じです。

TREBLEに関しては10KHzで、SSL G Seriesのx3 モードやGMLなどを使い慣れた人にとっては12KHz〜16KHzを選択できないので物足りなさを感じるかも知れませんが、10KHz以上の帯域にかけても持ち上がってくるので、私にはなにも気になる部分はありませんでした。

10年くらい前のPlug-Insでは通してもサウンドに対して変化を起こせなかった?もしくは変化させる事が良くない事だと思っていたのか?、とにかくどのPlug-Insを使ってもサウンド作りには役立たない代物だらけだったんですが、ここ数年のPlug-Insにおける傾向は、ビンテージ機器の特性を含めて通したときのサウンドや変化の仕方を忠実にモデリングしている物が主流になってきたので、入手不可能または高価すぎて冒険したくないビンテージ機器も安心して数万円単位で使えるメリットを強く感じています。コンピューターのCPUを酷使するところを捉えても、いかに回路全体の反応を事細かくモデリングしていることが解ります。

このPlug-Insのユニークなところは、Helios Mixing ConsoleのS/N(サウンド・パー・ノイズ = 要するにどんだけノイズが乗っかっているか)までもPlug-Ins内で加算する事が出来るため、すっきりし過ぎて寂しい・・・と感じたときなど、ほんの少しノイズ・フロアを足してやるとSynth PADのようにある種のPAD的役割も担ってくれるので、状況的にいつか使ってみようとは思っています。

このConsoleに乗っかっているS/NをPlug-Ins内で足すには、左列最上段の「PREAMP」というつまみを20〜70の方にあげてゆくとどんどんConsoleに含まれているノイズ成分が加算されてくるので、アナログ・コンソールやアナログ回路を使用したレコーディングのリアリティを出したいときには重宝しそうな「おまけ機能」となっています。PREAMPのつまみの位置を70にしたときのノイズ・フロアは流石に凄いですが・・・

Eddie Kramer HLS Channel

Eddie Kramer HLS Channel



右列上部のメーターすぐしたに「NOISE」というセクションで「ORIG」「LO」とセレクトでき、ORIG側(オリジナル、要するにHelios Mixing Consoleの事)がセレクトされた状態でノイズを加える事が出来て、LO側では殆どノイズ・レスになっています。私はPREAMPの位置が20でNOISEはORIGでイイかな、と思って使っています。

HLSとPIEにおいて開発者及びデザイナーの執着心を感じたのは、周波数を切り替えたり、何かのつまみを切り替えると一瞬音が途切れてしまって、メーター上でも同様にガクンと動いてしまうんですが、この辺りはアナログ機器を使っていれば当たり前の接点切り替わり時の現象・・・この事までもPlug-Insで忠実に再現している辺りに、愛情すら感じてしまいました。

AmpliTube3に念願のAcousutic 360が登場したりと、私にとって最上のアナログ機器がどんどんデジタル・モデリング化されて増えてくるのはありがたい事だらけです。

17 Aug 09

Eddie Kramer Collection

半年もインターバルが開いてしまいましたが、気が付くとお盆も過ぎて残暑見舞いの時期となり、暑いけどもう秋へ向かっている感じですね・・・みなさん夏バテなどせず過ごしていらっしゃるでしょうか?

ところで、WAVESから「Tony Maserati Collection」に続き、待望の「Eddie Kramer Collection」が出ましたね・・・

Eddie Kramer - Drum Channel

Eddie Kramer - Drum Channel



私的にはTony Maseratiへの興味は余りなかったのでPlug-In自体をDemo版で試す事もなかったのですが、Eddie Kramerの方は興味津々で、今日届いたWAVESからのダイレクト・メールでその製品案内を受け取り、さっそくDemo版で試してみようという感じです。

Eddie Kramer - Bass Channel

Eddie Kramer - Bass Channel



Eddie KramerといえばJimi Hendrix、Led Zeppelin、KISS、らの作品におけるEngineeringやJimi Hendrixのホーム・スタジオだったNYCのElectric Lady StudiosWikipedia版はこちら)の創設時Engineerとして有名なのですが、なんと言ってもBEATLESの1967年作品、All You Need Is Love / Baby, You’re A Rich Man というシングル盤が制作された時、Baby, You’re A Rich Man を録る際にOlympic StudiosでEngineeringを担当した事で気になっていた人も多いと思います。

当時のBEATLESはEMI London Studios(= Abbey Road Studios)の録音機材がコンサバすぎて、なかなか新しいマルチトラック・レコーダーや周辺機器が導入されなかった背景から、そして当時最先端だった外部スタジオに出向く事を希望してGeorge Martin引率の元Olympic Studiosへ出向いたわけですが、EMIの社内規定により外部スタジオへEngineerが出向いてレコーディングを行う事が出来なかった?・・・正確なところはGeoff Emerickの本による記載しかないので定かではありませんが、BEATLESにとってもJimi HendrixやRolling Stonesのレコーディングで使用されていたスタジオと言う事で、何かしらの化学反応を期待していたような気がしています。

Eddie Kramer - Guitar Channel

Eddie Kramer - Guitar Channel



Eddie Kramer Collectionが出た事によって、今までは複数のPlug-Inを繋いで処理していたサウンドが1つのPlug-Inで、しかもユーザー・インターフェース内の数少ないコントローラーで音作りが出来ると言う事は、複数のPlug-Inを使い倒す時に比べTDMチップとコンピューター本体CPUの負荷軽減や音作りのスピード・アップが図れるし、意図する音がハッキリしている場合には、複数の機能が1つにまとまってこれほど使いやすいCollection形式は無いような気がしています。

目的が一緒でも沢山のパラメーターをコントロールするにはDAWでの作業は繁雑すぎるし、なかなか目指す音に達しない時のことを考えると、最近のWAVESが打ち出してきているJJP Collection、Tony Maserati Collection、そして今回のEddie Kramer Collectionはビギナーだけじゃなくプロフェッショナルにとっても便利な物として定着しそうな気がしています。

Eddie Kramer - Vocal Channel

Eddie Kramer - Vocal Channel



そのうち「Hugh Padgham Collection」「Bob Clearmountain Collection」「Al Schmitt Collection」「George Massenburg Collection」という感じで、目的ごとに使いやすいPlug-Inとして続きそうな期待はしていますし、そう願いたい感じです。

Eddie Kramer - Effects Channel

Eddie Kramer - Effects Channel



一番気になったのは、この「Effects Channel」で、説明の方には・・・

H-Slap is a shorter delay that emulates tape at 15 inches per second, with some EMT plate reverb at a medium setting.

Z-Slap is a longer delay (7 ½ inches per second) with a bit of feedback and a longer setting on the EMT plate.

今まではアナログ・テープレコーダーを使ったり、Echo FarmとReverbなどの空間系を組み合わせて作っていたようなFXがこれ一発で作る事が出来そうで、ごく限られた目的に徹したFXほど素早く便利に使える・・・これを使ってソロ時期のJohn Lennonのボーカル処理やドラム・サウンドを試してみたい気がしています。Robert Plant風のボーカル処理にもマッチするでしょうね・・・

Profile

プロフィール

1982年にヤマハ渋谷店でキャリアをスタート、1985年のStudio TWO TWO ONE 設立と共にエンジニアとして参加。その後Z’sへ参加し1990年よりフリーランスに転身。(Twitter ID = JacoTen2)

プロフィール全文を読む

Search

ブログ内を検索
2018 年 6 月
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930